FEATURE

2023.04.01
BabBubble

ワンマン公演は、ここまでに成長してきたものの最大限をお見せする場。しかも、その先に繋がる姿も見せてゆく、次なるスタートの場です。 BabBubble インタビュー・2

 "バブロック"をテーマに掲げ、活動中。完全セルフプロデュース ガールズバンドのBabBubble(ばぶばぶる)。結成から1年半、これまでの活動の集大成と、これからのBabBubbleが描く未来図を示そうと、4月27日に青山RizMで初のワンマン公演「1st ONEMAN LIVE 「BabBubble Carries On」」を催す。
 このたび、ワンマン公演に懸ける思いを、メンバーらが語ってくれた。

 (1回目は、こちらから)


100%自分たちのやりたいことを表現していける場であることが、何よりも大事なんです。


――みなさん、今の自分にとってBabBubbleとはどんな存在になっているのでしょうか。

青柳ナツヲ  自分の生き甲斐ですね。今、BabBubbleとしてバンド活動をやっていなかったら、きっと、その辺でのたれ死んでると思います。っていうか、日々の人生が面白くないんですね。だから今、BabBubbleとしての活動がなくなったら、わたしの心は死んでしまいます。

ジーナ  わたしも、人生の生き甲斐。というか、今や生活の中心がBabBubbleだし、生きてくうえでの刺激になっています。BabBubbleは、メンバー自身でセルフプロデュースをしているから誰の制約を受けることもなく、何でも自由に挑戦していける。その分の負担もあるけど、自分たちや、わたし個人の可能性も広げていける場所だから、とてもいい刺激を得ています。

さきゃもん  わたし、自分の表現したいことを実現できる場所がBabBubbleです。ジーナも言ってたけど、すべての行動が100%自分たち次第だから大変さもあるけど。でも、100%自分たちのやりたいことを表現していける場であることが、何よりも大事なことなんです。

Ray  自分も、「このバンドにすべてをかける気持ち」は、常日頃から持っています。日々の生活でも、気づいたらBabBubbleが中心軸になっています。だからこそ、もっともっと大きな舞台に駆け上がっていきたい。それを夢ではなく現実にするための場が、わたしにとってのBabBubbleです。そこまで一つの物事へ必死になれたのは、ここまで生きてきた中でBabBubbleが初めて。今や、そういう場所になっています。


今のBabBubbleの最大値を自分たちでも見てみたい。だからこそ、自分たちへの挑戦という意味も含めてのワンマン公演になります。

アー写

――BabBubbleは4月27日、青山RizMを舞台に1st ONEMAN LIVE 「BabBubble Carries On」を行います。ワンマン公演を決めたのは…。

ジーナ 活動1周年を記念し、昨年10月に初の主催イベントを行いました。そのときに「半年後にはワンマン公演をやろう」と決め、すぐに箱を押さえた形でした。ワンマン公演を決めたのも、メンバーみんな、この4人のBabBubbleが永遠に続く最終形態という気持ちで活動をしてきて、「一度、今のBabBubbleの出来る集大成を形にして、みんなにお見せしよう」「私たち自身も、今のBabBubbleをどこまで進化させていけるのかを試そう」という思いからでした。
  もちろん、今の自分たちにとってワンマン公演を成功へ導くのは大きな目標であり、挑戦ですけど。日々のライブ1本1本も、自分たちを成長に導く場になっています。その1本1本を積み上げた先に、今はワンマン公演があるという気持ちです。

さきゃもん  今のBabBubbleが、どこまで出来るのか。今のBabBubbleを集大成したときに、どんな姿を見せられるのか。それをワンマンという形を通して示したいんです。

青柳ナツヲ  今のBabBubbleの最大値を、自分たちでも見てみたい。だからこそ、自分たちへの挑戦という意味も含めてのワンマン公演になります。

Ray   ワンマン公演を行うことで、また、いろいろ見えてくることがあると思うんですよね。

さきゃもん  そう。ワンマン公演を終えたときに、今後どうBabBubbleを進めていくのかが見えてくると自分たちで思ってる。

ジーナ  だからこそ、ワンマン公演をやったうえで、BabBubbleが次に目指すべき目標値を定めたいんですよ。

青柳ナツヲ  次の最大値をね。

――ワンマン公演を決めたときの気持ちも、語ってください。

Ray  初めての主催イベントを決めたときも、今回のワンマン公演を決めたときも、同じく「あっ、やるんだな」という気持ちでした。というのも、わたし自身が、BabBubbleを通して本格的にバンド活動を始めた人なので、すべてが初めての体験。だから、みんなからそういう言葉が出ててくるたびに、「そういう場へ挑戦するまでにバンドが成長してきたんだな」とわたしは感じ続けていました。

青柳ナツヲ  主催イベントも、ワンマン公演も、とにかく「自分たちで流れを作りたかった」んですよ。というのも、日々活動をしていると、いろんな方に誘われてライブへ出演するなど、流れに乗っかった活動が軸になるじゃないですか。ここまでのBabBubbleは、その波に良い形で乗れてここまで成長してきましたけど。これからは、自分たちが主導になって流れを作ることも大切だと思った。だからこそ主催イベントも、ワンマン公演も企画をしました。今後、さらに自分たちで波を作ってゆくためにも、今回のワンマン公演をそのきっかけにしていきたいんですよね。同時に、「今の自分たちは何処へ向かい、どういう風に自分たちの足で進んでゆくのか」を確かめたいし、その日も、それを示すライブにしていくつもりです。とにかく、着実にレベルアップを続け、ワンマン公演の日にBabBubbleの最大値を見せますから。


ワンマン公演の場を一つの区切りにしながら、次のBabBubbleの片鱗を見せていける。そういう期待を持ってもらえるライブになりそうです。

ジャケ写


――ワンマン公演の見どころも気になるんですよね。

ジーナ ワンマン公演までに新曲をいくつか披露しようと、今、全員が新曲制作をしています。どの曲を選ぶかもそうですけど、現時点でも、3人それぞれの作った曲の色が異なるから、どんな新曲が飛び出すのかも楽しみにしていてください。この日は活動初期から現在までの集大成を見せていく場にもなるから、バンドの音楽性が、軸をぶらすことなくどのように変化や成長してきたのかも見れる場になるはずです。加えて、次のBabBubbleを見せてゆく仕掛けも施すから、ワンマン公演の場を一つの区切りに、次のBabBubbleの片鱗を見せてゆく。そういう期待を持ってもらえるライブにしたいし、メンバー自身が、そうなることへすごくワクワクしています。

――ワンマン公演を観ると、今のBabBubbleのすべてがわかるわけだ。

ジーナ  これまで見えてたものは、もちろん。今まで見えていなかった面も見えてくるはずですし、成長過程のBabBubbleをしっかり見せたいです。

Ray  もともと自発的に自分を見せていくタイプではなかったけど、BabBubbleを始めたことで、自分が発信してゆくべき自覚や責任感も大きくなっています。なぜ、わたしがBabBubbleのフロントに立って歌っているのか。その意味を示すワンマン公演にしていくつもりです。同時に、ワンマン公演を経験することで、自分がどのように更なる成長を見せていけるのか、そこにも期待しています。加えて、BabBubbleはこんなにも恰好いいことをやっていくバンドなんだという姿勢もしっかり示したいです。

さきゃもん  ここまですべてを自分たちだけの手で作り、育ててきたからこそ、メンバー全員が本気で「BabBubbleは恰好いい」と思っています。その思いをすべてぶつける公演にしていきます。この日は、既存曲へ新曲も織り交ぜた内容。絶対に「楽しかった」という気持ちで帰ってもらえるライブにしていくので、楽しみにしていてください。

ジーナ  いつもライブに足を運んでくださる人たちは、もちろん。一度でもBabBubbleのライブに触れてくれた方、今回が初めての方。どんな人でも楽しませる気持ちだし、みんなの身体をだいぶ動かして楽しませようと思っているから、そこも期待してください。

青柳ナツヲ  ワンマン公演は、ここまでに成長してきたものの最大限をお見せする場。しかも、その先に繋がる姿も見せてゆく、次なるスタートの場でもあります。だからこそ、次の一歩を、たくさんの人たちと一緒に進みたいから、ぜひ観に来てください。

――ワンマン公演は間もなくですが、その前に彼氏が出来る可能性も…。

ジーナ  それも見所にしていただきたいです。

青柳ナツヲ 彼氏いらないですよ。

3人 えっ?

青柳ナツヲ あっ、募集しています。イケメンの高身長高収入で。

ジーナ  3Kやないかい!

――どっちが先に出来るのか…。

ジーナ  どんな彼氏がワンマンより先に出来るのか、そこは見所だよ。

青柳ナツヲ まぁ、ワンマンが先ですね。

――そして、今後のBabBubbleですが…。

さきゃもん  今年は都内だけじゃなくて、全国的に活動の場を広げていく予定です。

青柳ナツヲ  今年はBabBubbleとして積極的に動く1年になっていきます。

ジーナ  いろんな場所に出向きます。

Ray 楽しみに待っていてください。

 

TEXT:長澤智典

 

<インフォメーション>

★ワンマン情報★

2023.4.27(木)
青山RizM
1st ONEMAN LIVE 「BabBubble Carries On」
OPEN 19:00/START 19:30
前売り¥3500
MUEチケ(web販売)
https://r.funity.jp/babbubble_0427

その他のライブスケジュール
https://babbubble.aremond.net/schedule/

【MV】The Spirit Carries On / BabBubble
https://www.youtube.com/watch?v=M0_U3aWVZGQ


【MV】Kiss My Ass / BabBubble
https://www.youtube.com/watch?v=7I9thpk0bO8


SNS
https://babbubble.aremond.net/
https://twitter.com/babbubble_

Ray
https://twitter.com/0_Bubby

ジーナ
https://twitter.com/Gina_Bubby

青柳ナツヲ
https://twitter.com/natsuo_Bubby

さきゃもん
https://twitter.com/sakyamon_Bubby

特集FEATURE

FEATURE
最新記事更新日 2023.09.30
イベント情報
最新記事更新日 2023.09.28
ガルポ!ズ INTERVIEW