FEATURE

2021.12.15
坂元葉月(わーすた)

【坂元葉月(わーすた)卒業記念インタビュー】 クリスマスに開催する卒業ライブでは「最後にずっとやりたいと思っていたことをやります!」

2015年3月の結成以来、坂元葉月・廣川奈々聖・松田美里・小玉梨々華・三品瑠香の5人での活動を続けてきた「わーすた」から、坂元葉月が2021年12月31日をもって卒業、芸能界を引退する。

6月8日の卒業発表後、様々なイベント出演や東阪ツアーを開催するなど、出来る限りファンとの交流を重ねながら、11月26日に3rd写真集『わーすた旅行記』(徳間書店)を発売。12月25日には東京・中野サンプラザホールで卒業ライブを開催し、彼女にとっては10年以上のアイドル人生にピリオドを打つ。

今回は12月12日、地元の神戸・HMV三宮オーパで写真集の発売記念イベント(2ショット撮影会)直後の彼女に直撃インタビュー。卒業を間近に控えた心境や、わーすたでの思い出、卒業ライブのこだわりポイントなどをたっぷり語ってもらった。



●卒業を決意した理由「私も人を守る側になりたい」


――まずは、ご卒業おめでとうございます!

「ありがとうございます!」
 

――卒業まであとわずかですが、今の心境は?

「6月に卒業発表をして、その時も実感がなかったんですけど、今でもやっぱりまだ実感があまりないです。今まで朝起きたら「おはよう」のツイートをして、寝る前に「おやすみ」のツイートをするのがルーティーンだったので、年が明けた瞬間からそれをしなくなることがどんな感じなのか全然想像が出来ないです。でも、今までよく出させていただいていたイベントの現場でお花をいただいたりすると、「そうだ!私、卒業するんだった」って実感します。今は悔いなく卒業できるように頑張らなきゃと思っています」
 

――今日は地元の神戸でのラストイベントでした。いかがでしたか?

「コロナ禍でなかなか遠征が出来なかったので、最後に地元に帰って来られて嬉しかったです。「初めて神戸に来たよ」っていう方も多くて、神戸観光をしてくれていたり、お話しした時に「神戸に住みたくなった」とか言ってもらえたことも嬉しかったです」
 

――坂元葉月さんに会えるのは今日が最後という方もいらっしゃったと思いますが…

「涙ぐんで話してくれた方もいらっしゃって、私は「泣かないで~」って言いながら、内心はすごく嬉しくて、めっちゃ愛されてるなぁって思いました」
 

――改めて卒業を決意した理由を聞かせて下さい。

「アイドルの先輩方や身近な方の卒業を見た時に、いつか自分も卒業するんだろうなとは思っていたんですけど、まわりの友達が就職したり、仕事の話を聞いたりした時に、楽しそうだなぁ、憧れるなぁという気持ちがあって、中学生の頃からずっとアイドルという仕事をしてきて、バイト経験もないので、もっといろんな世界を楽しんでみたいなと思って卒業を決意しました。あと、例えばライブ中に何か災害とかが起きた時に、私たちはもっと大人の方がいらっしゃるから守られる側なんですけど、私も23歳だし、もっと大人になりたい!人を守る側になってみたい!って思うようにもなりました」


――人を守る側になりたいというのは、かなり大人ですね(笑)。坂元葉月さんが大阪でアイドル活動をされていた時から、私が担当している番組やライブイベントに出ていただいていたので、より寂しさを感じているんですけど、卒業まで半年以上の期間を作ってくれたり、卒業ライブという形で見送れるというのは、ファンの皆さんにとってはこの上ない喜びだと思います。

「ライブ自体が出来るような状況で良かったなと思いますし、少しでもたくさんの方に会場に来ていただけることも嬉しいです。卒業ライブの打ち合わせの時に、「最後にやりたい曲はない?」とか、私の意見を聞いてもらえたことも多くて、今リハーサルをしているんですけど、こんなに盛りだくさんでいいんですか?っていうぐらいの最高のライブになると思うので、全力で楽しんでいただきたいなと思います!」



●ナイアガラの滝に感動しすぎて“無”の状態に!


――「わーすた」での活動を振り返っていただきたいと思います。坂元葉月さんの「さかもと」の頭文字で、あいうえお作文ふうに質問を考えてきました。まずは「さ」から。最高に幸せだった瞬間は?

「東京の代々木公園でフリーライブをさせていただいた時の景色が最高でした!1500人以上集客する目標があったので、自分たちでビラ配りをしたり、SNSで頑張って告知したりしていたんですけど、会場の奥の奥までたくさんの方が観に来て下さって、最高に幸せだなって思いました。それが自信にもなりましたし、そのライブがきっかけで、今も応援して下さっている方も多いので」
 

――無事に目標もクリアして、達成感も大きかったですよね。続いて「か」です。海外での思い出は?

「本当にいろんなところでライブをさせていただいたんですけど、一番の思い出はスペインです。私はずっとフランス語担当だったんですけど、スペインでのライブが決まって、急遽スペイン語担当に変わりました(笑)。スペインに行く2~3ヶ月前からスペイン語を習い始めたので、伝わらなかったらどうしよう?って、すごく不安だったんですけど、ライブのMCの時に私が少しスペイン語で挨拶をしただけでも盛り上がって下さったり、ダンスパーティーに来たんじゃないかというぐらい、私たちの音楽で一緒に踊って楽しんで下さっている光景を見て、私たちも新鮮でテンションが上がりました。ライブの後のミート&グリートの時にも、私がつたないスペイン語で話しても一生懸命聞いてくれたり、現地の方がすごく温かかったです。その時にもっとスペイン語を話せるようになりたいと思えたので、いいきっかけをもらえたなと思っています」
 

――今後スペイン語が生かせる機会があればいいですね。続いて「も」です。もう一度やってみたいことは?ライブ以外でお答え下さい。

「もう一度、ナイアガラの滝を見に行きたいです!カナダに行かせていただいた時に初めてナイアガラの滝を見たんですけど、そのパワーに圧倒されて、感動しすぎて、他のメンバーに心配されるぐらい“無”の状態になりました(笑)。だから今度はもっと感情を出して楽しみたいなと思いますし、その時はカナダの方面から見たので、アメリカの方面からも見てみたいです!」
 

――また違った景色が広がっているかもしれないですね。最後は「と」です。特典会での思い出は?

「夏のイベントの握手会です。夏の野外イベントの時は、私たちもファンの皆さんもテンションが上がっていて、「私たち、暑いけど頑張っているよね!この後のライブも盛り上がろう!」っていう、謎の団結力が生まれるんです(笑)。それが私の中ですごく楽しかったので、夏の特典会が一番印象に残っています」



●卒業ライブの翌日はどういう気持ちなのか想像がつかない


――11月26日に発売された3rd写真集『わーすた旅行記』の撮影は、メンバーの皆さんとのいい思い出作りにもなりましたね。

「私のリクエストでグランピングに行かせていただいたんですけど、いつもメンバー5人で遊んでいる時の「楽しいね!」っていう表情がすごく多い写真集だなぁと思ったので、隅々まで見てほしいなと思います。あと、今まで着ていた衣装を撮っていただきました。改めて見ると、お肉やタピオカをテーマにした衣装もあったなぁとか、全部の衣装に思い出が詰まっていて、感動しました。ファンの皆さんも、この衣装がきっかけで好きになったなぁとか、それぞれの思い出に浸っていただけたら嬉しいです」


――カラフルでポップな衣装が多いですよね。坂元葉月さんが、わーすたの衣装を着るのは12月25日が最後になります。昼公演は「わーすたリクエストアワー」で、ファン投票で選ばれた楽曲が披露されますが、何曲歌うとか、具体的なことは何も発表されていないですよね?

「そのあたりは当日のお楽しみなんですけど、ファンの皆さんがリクエストしてくれた曲なので、盛り上がることは間違いないです!ランキングを見て、意外な曲がランクインしていたり、この曲がこんなに上位に入るんだ!?みたいな発見もあったので、次はどの曲なんだろう?って、ワクワクしながら観ていただけたらと思います」
 

――そして夜公演が「坂元葉月 卒業ライブ」ですが、こだわったポイントを教えて下さい。

「私が歌いたい曲がたくさんあったので、限られた時間の中ではあるんですけど、こんなに曲数するんだっていうぐらい、いろんなことをするので、最初から最後まで楽しんでいただけると思いますし、私が最後はこれをやってみたいなという思いがずっとあって、それをやりたいなと思っているので、そこも楽しみにしていて下さい!」
 

――それが一体何なのか、すごく気になりますが、わーすたとしての活動は12月31日までということなので、卒業ライブ後から31日まではどうするのかも気になります。

「SNSが出来るのが31日までなので、5人の写真を載せたり、ファンの皆さんとの思い出を振り返る期間にできたらいいなと思います。卒業ライブの時に撮った写真も載せたいですし、ファンの皆さんの感想も聞きたいです。ライブが終わった後、燃え尽きた~!っていう感じだと思うんですけど、次の日の朝、どういう気持ちなのか想像つかなくて、今まで通り「おはよう」ツイートをしていいものなのか…。いやいや、昨日の感動は?ってなっちゃうかもしれないし、難しいところですね」
 

――そこは今まで通りに「おはよう」でいいと思いますよ。

「いいんですかね?考えておきます(笑)」
 

――2022年からはツイッターやインスタなどのSNSは更新しない予定ですか?

「そうですね。今のところはその予定です」
 

――先月、東京で行われた写真集の囲み取材で、卒業後は交通量調査のバイトをやりたいとおっしゃっていましたが…

「やります!本気です!ずっと昔からやってみたくて、でもアイドルをしていたら出来ないじゃないですか。卒業した後、どうしよう?って考えた時に、私の性格上、結局できないってなったら、とりあえず出来る時にやっておけばよかったって後悔すると思うので、1回は経験しておきたいです」
 

――今は23歳ですが、「30歳の坂元葉月」は、どんな女性になっていたいですか?

「30歳の私は、もうちょっと身長が伸びていたらいいなぁって…」
 

――まだ伸びます?

「伸ばします!(笑)。あと、童顔なので、見た目ももうちょっと大人っぽい女性になっていたいですし、元気すぎるところがありますので、落ち着いた、余裕のある女性になっていたいなと思います」
 

――最後に読者の皆さんへのメッセージをお願いします!

「アイドルとして10年間、たくさんの方に出会って、いろんな刺激を受けて、ずっと応援して下さっている皆さんのおかげで、楽しくお仕事をさせていただくことが出来ました。ありがとうございます!本当に感謝しかないですし、25日のライブは5人での最後のステージになるので、メンバーのみんなとも悔いなく、最後まで楽しめたらいいなと思います。来年から、わーすたを4人に託してしまう形にはなるんですけど、私は4人でも大丈夫だなって思えたから卒業を決意できたところもあるので、来年もわーすたを引き続き応援していただけたら私も嬉しいです!」
 

スナップ

【取材・文・写真=ポッター平井】

 

<インフォメーション>


☆写真集 商品概要

タイトル:わーすた旅行記
発売日:2021年11月26日
撮影:藤城貴則
判型:A4(96ページ)
価格:3,300円(税込)
出版社:徳間書店
 

☆ライブ情報

日程:2021年12月25日(土)
開演12:00 「The World Standard~わーすたリクエストアワー~」
開演17:45 「The World Standard~坂元葉月 卒業ライブ~」
会場:東京・中野サンプラザホール

日程:2022年1月10日(月・祝)
「The World Standard~改めまして、わーすたです!~」
1部:開演15:30 
2部:開演18:30
会場:山野ホール

 

特集FEATURE

FEATURE
最新記事更新日 2022.05.27
ガルポ!ズ INTERVIEW
最新記事更新日 2022.05.27
ガルポ!ズ LIVE レポ