FEATURE

2020.11.12
HOT DOG CAT

HOT DOG CAT、最新シングル「楕円形メリーゴーラウンド」についてわちゃわちゃ語る!!

11月17日に2ndシングル「楕円形メリーゴーラウンド」を発売するHOT DOG CAT(タイトル曲のみ配信で先行販売中)。候補生だった東條紬と桐谷ひとみが正規メンバーへ昇格。12月30日には、渋谷CLUB QUATTROを舞台に、大原莉奈の卒業公演でもあるリリースイベントファイナルとなるワンマンライブが決定。今回は、最新シングル「楕円形メリーゴーラウンド」について6人に語っていただきました。

HOTDOGCAT

 

 

定期公演で、たまに衣装交換をするんですけど。バリエーションが増えたからラッキーって気持ちです!!

 

――東條紬さんと桐谷ひとみさん、ついに正規メンバーへ昇格しました。お2人ともHOT DOG CATへ候補生として加入してから数えても間もないですよね。まずは、HOT DOG CATというグループの魅力をどのように捉えているのか教えてください。

 

 

桐谷ひとみ:わたしは9月に候補生として加入したように、まだ入って間もない立場。ようやく踊りもみんなについていけるようになったレベルのように、これからもっともっとHOT DOG CATに必要なメンバーとして頑張っていきたいです。

外から見ていたHOT DOG CATの魅力は、それぞれの個性が強いのに一体感を持っているグループであること。格好いい先輩たちの下で活動しているように、幸せを感じながら毎日活動をしています。

 

 

東條紬:わたし、6月に候補生として加入する前から「I-GETの中でもとくにパフォーマンスに力を入れてるグループ」だと思って見ていました。ファンの人たちと一緒に作りあげてゆく一体感を持ったライブが、わたしは大好きです。

わたしは極度の人見知りですけど。そんなわたしにもちゃんと話しかけてくれれば、わからないことも気さくに教えてくれる先輩たちは、すごく頼りになります。

 

――2人が加わったことで、HOT DOG CATもパワーアップしたんじゃない??

 

 

白河陽奈:今まで以上にカラフルなステージを見せているように、だいぶパワーアップしました。

 

 

 

黒沢あかり:定期公演で、たまに衣装交換をするんですけど。バリエーションが増えたからラッキーって気持ちです!!

 

 

――6人編成になってから、まだそんなに月日が経ってないんですよね。

 

 

鈴本りん:正式には9月からだけど、「楕円形メリーゴーラウンド」のMVを7月末には撮影していたように、じつはもうその頃から6人編成で活動する準備をしていたから、そんな急にというわけでもないんです。

 

 

 

黒沢あかり:それでも、急な展開が多かったから、良い意味でいろいろ乗り越えながら進んでいけてるのが楽しいです。

 

 

――そんなにもいろんな急展開があったんですか?

 

 

黒沢あかり:6人編成になって急にシングルのリリースが決まったり、「楕円形メリーゴーラウンド」のMVも今の編成になってすぐに撮影したりと、裏ではバタバタしてました(笑)。

 

 

 

6人編成のHOT DOG CATとしていろんな経験を重ねながら、わたしもHOT DOG CATの中へ何かしら残したうえで卒業したいなと思っています。

 

――先日、通算4回目となるワンマン公演を渋谷WWWで行ない、成功に収めました。でも、3月に同じ場所で行ったときは無観客ライブ配信という形でしたよね。

 

 

白河陽奈:だからこそ、10月14日に渋谷WWWでお客さんたちを前にしてライブをやれたときは、すごく嬉しかったです。

 

 

――今は6人編成のHOT DOG CATとして活動をしていますが、大原莉奈さんの卒業公演が12月30日に渋谷CLUB QUATTROで行われることが決定しました。

 

 

大原莉奈:確かに残された時間は多くはないけど。今は、6人にパワーアップしたHOT DOG CATの姿をみなさんに見せているように、12月30日まで、6人編成のHOT DOG CATとしていろんな経験を重ねながら、わたしもHOT DOG CATの中へ何かしら残したうえで卒業したいなと思っています。

 

 

――ここからは、それぞれ「楕円形メリーゴーラウンド」を聞いたときの印象を利かせてください。

 

 

白河陽奈:初めて聞いたときに、最初に耳に入ったのが「あの初心を思い出してみよう」の歌詞でした。コロナを通した自粛期間を経験したことで、当たり前だった日常を取り戻す感覚を失い、心が彷徨っていた時期にこの歌をいただいたから、「いろいろ忘れていたことを思い出せたなぁ」という気持ちにもなれれば、聞いたときから「とても深い歌詞だなぁ」と捉えていました。

 

 

――陽奈さんと莉奈さんは活動初期からのメンバーのように、HOT DOG CATのここまでの歩みを知っている人たち。今へ至るまでにも焦りを覚える時期はいろいろあったのでしょうか。

 

 

白河陽奈:「先があまり見えないなぁ」と思うことは正直ありました。でも、それを壁だとは思っていなかったです。どんなときでも絶対に前へ進める扉はあるし、それを何度も開けながら進んできたように、何時かは未来が見えてくると思いながら、今も活動をしています。

 

 

 

大原莉奈:ほんと、そうだよね。「楕円形メリーゴーラウンド」をもらったのが、わたしの中でHOT DOG CATを卒業しようと決めていた時期でした。HOT DOG CATとしてもそうだけど、これから新しいことを始めたとしても、きっと「同じようなことを繰り返してそうに見えるけど、その中でも、かならず一歩一歩進んでいけるものがある」。それを、わたしは「楕円形メリーゴーラウンド」に教えてもらえたというか、その気持ちにしてくれれば、わたしの背中を推してゆく歌としても聞こえていました。何より、HOT DOG CATらしいわちゃわちゃとした曲じゃないですか。そこが好きなんです。

 

 

 

鈴本りん:「楕円形メリーゴーラウンド」が送られてきた後だもんね、りなるんから卒業を考えてると聞いたのは。最初に「楕円形メリーゴーラウンド」のデモ音源がグループLINEにポンッと送られてきたとき、自粛期間が明けて間もない時期だったから、そのタイミングで新曲をもらえたことがすごく嬉しかったんです。それからすぐにレコーディングをして、MVも撮影をしました。ただ、その時点では、この歌が配信シングルなのかCDになるのかはまだ決まってなくて。ひとみがお披露目になった「I-GET祭り」のときに「楕円形メリーゴーラウンド」がシングルとして発売になると聞いたとき、すごく嬉しかったのを覚えています。同時に、りなるんが卒業することも、まだ発表をしていないだけで決まっていたから、「りなるんと一緒に作品を作るのは、これが最後なんだ」と思ったら複雑な気持ちでした。でも、楽曲自体は前向きに進んでいこうという意識をHOT DOG CATに与えてくれた曲だから、しっかり表現していこうという気持ちでもいました。

 

 

――メンバーが、莉奈さんから卒業の報告を受けたのは何時頃だったの?

 

 

大原莉奈:3人に言ったのは7月頃でした。

 

 

 

白河陽奈:だけど、当時は「辞める」ではなくて、「辞めようと思ってる」という相談って感じだったよね。

 

 

 

鈴本りん:だから、まだあの当時は「説得して引き止めよう」という気持ちだったから、悲しいというよりも、まだ「りなるんの気持ちを変えよう」という意識で受け止めていました。

 

 

――莉奈さん自身、当時はどんな心境でした?

 

 

大原莉奈:卒業は、自粛期間の頃には決めていたことでした。ただ、自粛期間が明け、紬が候補生として入ってくれば、7月にはひとみの候補生としての加入も決まり、夏の時期には「6人のHOT DOG CATとしてこれから頑張っていこう」とみんなで一致団結した気持ちをグループの中に作っていました。そんな中で、スタッフさんには卒業の相談をしながら、9月に発表することも決めていたんですけど。それをメンバーにも知らせることなく一緒に過ごすのは、わたし自身とても心苦しいなと思っていたので、それで(当時は)3人に打ち明けました。

 

 

 

ゲシュタルト崩壊ってインパクト強い言葉ですよね。あかりの中での勝手なイメージだと、外国の壁が崩れるみたいな感じがしています。

 

――(みんな涙ぐんでいたことから)。話を元に戻すけど。あかりさんは、「楕円形メリーゴーラウンド」を聞いたとき、どんな気持ちでした?

 

 

黒沢あかり:わたし、「新曲です」とポンと送られてきたとき、メリーゴーラウンドは読めるけど、最初の漢字が読めなくて、「なんて読むのかなぁ」と考えてました。あと、メリーゴーラウンドってタイトルに書いてあったから、「メリーゴーラウンドに乗ってMVを撮れるのかなぁ」と思ってたら、本当にそうなりました(笑)。あと、「ゲシュタルト崩壊」の意味もわかんなくて調べたんですけど。今でも、よくわからないまま歌ってます。ゲシュタルト崩壊とメリーゴーラウンドって、どんな繋がりなのか、今もよくわからないのでみなさん教えてください。でも、ゲシュタルト崩壊ってインパクト強い言葉ですよね。あかりの中での勝手なイメージだと、外国の壁が崩れるみたいな感じがしています。

 

 

 

鈴本りん:それは、ベルリンの壁の崩壊だから!!

 

 

 

白河陽奈:もっと勉強しよう!!

 

 

――新メンバーのお2人も、「楕円形メリーゴーラウンド」について聴かせてください。

 

 

東條紬:グループLINEに「楕円形メリーゴーラウンド」のデモ音源が届いたとき、わたしはまだ候補生になって間もない時期だったから、まだ、わたしはレコーディングに参加する時期じゃないと思っていたんですけど。HIKARIさんが「紬も歌を録ります」と言われて慌てました(笑)。

わたしはHOT DOG CATを通して初めてアイドル活動を始めたように、陽奈さんや莉奈さんのような「初心を忘れない」とか「今までのアイドル活動を振り返って」という感覚は、まだわかりません。わたしは「楕円形メリーゴーラウンド」がアイドル活動を始めて最初に作品にする歌だから、歌詞のように「進め!進め!進め!」と、これから力強く突き進む意識を持って歌っています。

 

――紬さんやひとみさんにとっては、「楕円形メリーゴーラウンド」「青春18キック」ともに、ここから始まりを告げる歌になるわけだもんなぁ。

 

 

東條紬:そうなんです。だから、わたしにとって「楕円形メリーゴーラウンド」はアイドル人生の、HOT DOG CATの東條紬として始める最初の歌であり、忘れられないスタートの曲になっています。

 

 

 

桐谷ひとみ:わたしも、そこは同じ気持ちです。ただ、わたしの場合、HOT DOG CATの候補生として加入が決まったときに、「二週間後に新曲のMVを撮影するから歌と振りを覚えて」と言われ、急にレッスンに放り込まれた環境だったから、頭の中が「???」状態(笑)。あの当時は、とにかく覚えることで精一杯だったし、心に余裕のない状態のままMVの撮影にも臨んでいました。結果、自分のスタートを告げる歌に「楕円形メリーゴーラウンド」がなったように、HOT DOG CATのメンバーとして始まったばかりだけど、すごく想い出深い歌になっています。

 

 

 

感情が籠もり過ぎちゃって、たまに歌えなくなるよね。「青春18キック」は、歌うたびに、これまでのいろんな経験が甦ってくる歌なんです。

 

――「楕円形メリーゴーラウンド」も、C/Wに収録した「青春18キック」も、たとえ同じような景色の中へいたとしても、少しずつだけどかならず前へ進んでいるんだから、焦らずに未来へ向かって進んでいこうという、プロデューサーであるHIKARIさんからメンバーらへ向けたメッセージとしても胸に響きました。メンバー自身、そこはどのように受け止めています?

 

 

白河陽奈:「青春18キック」は、HOT DOG CATとしてデビューした時期にいただいた楽曲なんです。そのときは、今のように深く歌詞を捉えられなかったというか。「わたしたちのスタートを告げる歌」として受け止めていたんですけど。経験を重ねるごとに歌詞の意味も深くなれば、りなるんの卒業が決まった今の時期は、すごく深い歌として「青春18キック」を捉えています。

 

 

 

大原莉奈:「青春18キック」は、わたしが初めてソロパートをもらえた歌のように、すごく思い入れのある曲。しか今回、「青春18キック」がCD化になることで、今現在HOT DOG CATとして歌ってきた楽曲が、すべてCDや配信という形で音源になれば、それらにすべて関われた形になったのも、すごく嬉しいんです。ただ、今は「青春18キック」の歌詞の一行一行が重すぎて、いろんな気持ちが甦り、歌いながら涙ぐんでくるから、歌うのが逆につらくって。

 

 

 

白河陽奈:それ、よーくわかる。感情が籠もり過ぎちゃって、たまに歌えなくなるよね。「青春18キック」は、歌うたびに、これまでのいろんな経験が甦ってくる歌なんです。

 

 

――「楕円形メリーゴーラウンド」を歌うときにも、いろんな想いを重ねあわせ、つらくなるときもあります?

 

 

大原莉奈:「楕円形メリーゴーラウンド」も「青春18キック」も、歌詞の根底にある想いは一緒かも知れないけど。「楕円形メリーゴーラウンド」は、6人編成になり「ここから前を向いて進むぞ!!」というポジティブな内容として強く感じているから、逆に元気が沸いてきます。

 

 

 

白河陽奈:そうだね。

 

 

 

鈴本りん:わたしはHOT DOG CATの歌のどれも歌詞が気持ちに刺さりすぎて、歌うたびに感情が込み上げてきちゃう。今回のシングルには、(当時の)正規メンバー4人が2人ずつに分かれて歌ったデュエット曲も入ってるんですけど。こういう形も、他のグループにはなかなか無い形だから「すごく新しいなぁ」と感じてました。

 

 

 

大原莉奈:わたしとりんちゃんで歌った「BELIEVE IN YOUR DREAM」は、プロデューサーのHIKARIさんがやっているBILLY AND THE SLUTSというバンドの曲なんですけど。「これ、今のわたしに書いてくれた歌だ」と思えたくらい、すごく刺さる歌なんです。だからわたし、勝手に「これはわたしの卒業ソング」と受け止めながら歌っています(笑)。

 

 

――あかりさん、ポカーンとしてますけど。

 

 

黒沢あかり:わたし、今、陽奈さんと莉奈さんのお話を聞きながら、2人が「青春18キック」をそんな想いで歌ってたんだというのを知りました。あかりは、もっと気軽に捉えてたというか、楽しんで歌っていたから、ちょっと恥ずかしくなりました。

 

 

 

白河陽奈:あかりは、それでいいんだよ。

 

 

 

黒沢あかり:じゃあ、これからも「楽しいな」って気持ちを全面に出しながら歌います。

 

 

――紬さんとひとみさんも、「青春18キック」には歌で参加していますよね。

 

 

桐谷ひとみ:わたし自身が歌っているパートになるんですけど。「きっと努力で人は どんどん変わってゆけるんだ」の歌詞がすごく刺さってきて、歌うたびに泣きそうになりながらも、「頑張ろう!!」って勇気づけられます。

 

 

 

東條紬:「青春18キック」って、ファンの人たちと一緒に指を差し合いながら歌ってるんですけど。ファンの人たちとすごくコュニケーションを取れる歌だなと受け止めています。加入したばかりのわたしたちは、とても新鮮な気持ちの歌として受け止めていますけど。先輩方やファンの人たちの間では、お互いにいろんな想い出のあふれ出てくる素敵な歌というのは、ライブをしながら私たちも感じています。

 

 

 

「楕円形メリーゴーラウンド」は、どこのアイドルさんのMVよりも一番かかっこいいMVになりました。かっこよくて、可愛くて、最高のMVです。

 

――「イツモノヨウニ」も、ずーっと歌い続けている楽曲ですよね。

 

 

白河陽奈: 今回のCDには「イツモノヨウニ」、わたしとあかりんでデュエットした「DA・DI・DA 〜魔法の扉開く3つの呪文〜」、りなるんとりんちゃんがデュエットした「BELIEVE IN YOUR DREAM」と、BILLY AND THE SLUTSのカバーを3曲入れてます。中でも「イツモノヨウニ」は、HOT DOG CATらしさを満載した歌だと私たちは受け止めています。

 

 

 

大原莉奈:BILLY AND THE SLUTSのファンの方々が、今回のCDに「イツモノヨウニ」が入ることを知って騒いでくださっているように、とても影響力の強い歌なんです。

 

 

 

白河陽奈:今回の収録にあたり、BILLY AND THE SLUTSさんの作品になっている楽曲を全部聴かせていただいたんですけど。その中でもとくにHOT DOG CATに合う曲として選ばせていただきました。中でも「イツモノヨウニ」は、デビューライブのときから歌っているように、今やHOT DOG CATの歌…くらいの気持ちで歌っています。

 

 

――今回の作品でもう一つ触れておきたいのが、「楕円形メリーゴーラウンド」のMVを、としまえんにあったメリーゴーラウンド「カルーセルエルドラド」で撮影を行ったこと。あの歴史を、しっかりMVの中へ記録できたのは素敵なことだよね。

 

 

黒沢あかり:どこのアイドルさんのMVよりも、一番かかっこいいMVになりました。かっこよくて、可愛くて、最高のMVです。

 

 

 

白河陽奈:そこに一番可愛いあかりちゃんが映ってるから、どこのMVよりも一番だよね。

 

 

 

黒沢あかり:それもありますね。今回は、背景もすごく良かったから、最新の可愛いあかりバージョンを「楕円形メリーゴーラウンド」には残してます!!

 

 

 

白河陽奈:メリーゴーラウンドにも負けなかった、可愛らしさだ!!

 

 

 

HOT DOG CATを結成したときには考えられない、想像も出来ない形で卒業する環境を用意してもらえたことに、まずは感謝したいです。

 

――最後に、今後に向けてメッセージをお願いできますか。

 

 

大原莉奈:HOT DOG CATを結成したときには考えられない、想像も出来ない形で卒業する環境を用意してもらえたことに、まずは感謝したいです。6人のHOT DOG CATとしては最後になる「楕円形メリーゴーラウンド」を少しでも多くの人たちの元へ届け、一人でも多くの人にHOT DOG CATの良さを知ってもらいたいし、HOT DOG CATの良さをたくさんの人たちに伝えながら、今後のHOT DOG CATへ繋げていけるように、残された毎日を全力で笑顔のまま走り抜けたいです。

 

 

 

白河陽奈:ホント、そうだよね。HOT DOG CATは立ち止まっている暇はないから、このまま前へ進み続けます!!

 

 

 

鈴本りん:りなるんの卒業が決まり、りなるんの後を引き継ぐのはわたしだと思っているように、それをしっかり証明してバトンを受け渡していけるリリース期間に、まずはしていきたいです。

 

 

 

黒沢あかり:りなるんと一緒にリリイベをやる最後の期間だから、いっぱい想い出を作りたいですし、6人編成のHOT DOG CATとしても良い想い出をたくさん作っていきたいです。

 

 

 

東條紬:わたしにとっては初のリリースイベント期間になっています。初めて作品を出すからわからないことも多いんですけど、今回をきっかけに、HOT DOG CATには東條紬という子もいるんだよという姿をアピールしながら、ファンの人たちにしっかり認めてもらえる期間にもしていきたいです。それに、りなるんさんとは最初で最後のリリイベ期間になるから、その期間も楽しみたいですし、りなるんさんの笑顔がめっちゃ好きだから、一緒に笑顔でいっぱい想い出も作りたいです。

 

 

 

桐谷ひとみ:わたしも、初めてのリリースイベント期間になっています。今は、リリイベをやることをすごく楽しんでいるように、リリイベも、ライブも、全力で頑張りたいです。

 

 

 

大原莉奈:今回、「楕円形メリーゴーラウンド」の(A-type/初回限定盤)を購入した方には、池袋にあるWhite Castleでホットドッグと引き換えることが出来ます。HOT DOG CATとしても、リリイベ期間中にWhite Castleでもイベントを行う予定だから、ぜひ、ホットドッグを引き換えに来てください!!

 

取材・文:長澤智典

 

 

「楕円形メリーゴーラウンド」MV

 

<インフォメーション>

HOT DOG CAT

2nd シングル「楕円形メリーゴーラウンド」

2020年11月17日(火)発売
表題曲のみ10月17日先行配信

 

Aタイプ

IGET-016(A-type/初回限定盤)
税込 2000円 ホットドッグ引換券付*

 

Bタイプ

IGET-017(B-type/通常盤)
税込 1500円

発売元 I-GET MUSIC
販売元 FWD inc.

White Castle / I-GET IDOL CAFE (〒170-0013 東京都豊島区東池袋2丁目60−21 フラッツ池袋)の営業中にCD封入のホットドッグ引換券をお持ち下さい。引換券1枚につき、ホットドッグ1本がもらえます。

収録曲
M1 楕円形メリーゴーラウンド
M2 イツモノヨウニ 
M3 青春18キック (2020 version)
M4 DA・DI・DA 〜魔法の扉開く3つの呪文〜
M5 BELIEVE IN YOUR DREAM
M6-M10 各曲off vocal version



HOT DOG CAT

楕円形メリーゴーラウンド 発売記念FINALワンマン

潜れ!潜れ!潜れ!海底1210万マイルへ

 

2020年12月30日(水)
会場 SHIBUYA CLUB QUATTRO

出演 HOT DOG CAT

開場 18:00 開演 19:00

チケット:イープラス
https://eplus.jp/hotdogcat/

最前チケット ¥10,000
カメラ撮影席 ¥10,000
一般チケット ¥4,000

※drink代別途必要
※e+、電⼦チケットのみ、一人一枚制限、譲渡不可

・プレオーダー(先着)
2020年11月14日(土)~2020年11月22日(日)

・一般発売
2020年11月28日(土)

お問い合わせ
ネクストロード 03-5114-7444(平日14:00~18:00)

主催:NEXTROAD
企画・制作:I-GET


HOT DOG CAT

公式サイト:
http://iget.get-crazy.jp/hot-dog-cat/

公式twitter:
https://twitter.com/HOTDOGCAT_info

公式YouTubeチャンネル:
https://www.youtube.com/channel/UCa9R065M5c1UM-o4v_wAcbA

 

大原莉奈 twitter:
https://twitter.com/rinarun1028

白河陽奈 twitter:
https://twitter.com/_hina_shirakawa

黒沢あかり twitter:
https://twitter.com/_Akari_kurosawa

鈴本りん twitter:
https://twitter.com/Rin_Suzumoto

東條紬 twitter:
https://twitter.com/mugi___cha__

桐谷ひとみ twitter:
https://twitter.com/kiritani_hitomi

 

特集FEATURE

FEATURE
最新記事更新日 2021.10.22
ガルポ!ズ LIVE レポ
最新記事更新日 2021.10.20
ガルポ!ズ INTERVIEW