FEATURE

2024.04.16
Sirius

チケットはSold Out。今、大勢の人たちが、Siriusというガールズメタルシーンに現れた新星に強い期待を注いでいる。

 1stEP『Fly High』を手に、Siriusが初のワンマン公演「Siriusワンマン公演 1st EP Fly High発売記念1stワンマンライブ『α~天翔新星~』」を吉祥寺CRESCENDOで行った。チケットはSold Outを記録。当日の模様を、ここにお伝えしたい。

 

1

 

 幕が開いた先には、メンバーらの姿が。始まりを告げるMiwaの言葉。黒い頭巾型のマントを羽織ったメンバーたちが観客たちへ挑みかかるように奏でたのが、1stシングルの表題曲『Fly High』。あにゃと菫、2本のギターが突きつけた鋭利な音の上で、Miwaが雄々しい声を張り上げる。観客たちへ挑みかかるように攻めるメンバーたち。高く高く心を舞い上がらせるように奏でる彼女たちへ向け、場内中から数多くの拳が突き上がる。この場にいるすべての人たちが気持ちを一つに、背中に生えた黒い翼を羽ばたかせながら高く舞い上がろうとしていた。


 止まることなく、Amiのドラムを合図に、Siriusはさらに黒い轟音を突きつけた。観客たちの気持ちを雄々しく煽る『Reflection in the Darkness』だ。野太い声を高らかに響かせるMiwa。対して演奏陣は重低音の効いた音を次々と突きつけ、観客たちの理性を奪ってゆく。ドラムとギターのシンクロしたリフ&ビートが、感情を嬉しく沸き立てる。   

                             

  「今日1日熱くなっていきましょう」。Miwaの言葉、ハウるギターの音。そこへAmiのドラムカウントが入るのを合図に、2本のギター陣が強烈なリフを刻みだした。声を荒らげて歌うMiwa、彼女の突き上げる拳に合わせ、場内中の人たちも高く拳を突き上げる。『Fake you』、とても攻撃的な歌と演奏が舞台の上から襲いかかる。終始、攻撃の手を緩めないあにゃ。2本のギターの演奏が巧みにハモりながら、楽曲へ重厚な色を与えてゆく。そこへ重なるMiwaの語る言葉。


  いつしか演奏は、荘厳シンフォニックな音色を響かせ、メロディックでハード浪漫な『EDEN』へ。物語の語り部となったMiwaの歌へ、演奏陣が、次々と転調してゆくドラマチックな世界を描きだす。


  さらに、彼女たちは『ADAMAS』を演奏。刺々しさを持って始まったこのブロックは、曲を重ねるごとにオーソドックスなハードロックスタイルに変貌。けっしてオールディーズになることなく、むしろ、今の時代だからこその歌と演奏がシンクロしあった、複雑ながらもドラマチックな楽曲へと昇華。間奏では、2本のギター陣が寄り添い、ツインで演奏。荒ぶるドラマチックな展開に、気持ちがずっと騒いでいた。

 

2

 

 「Maria!!」と叫ぶMiwaの声を合図に、グサグサと身体を貫く旋律の数々が襲いかかる。ふたたび攻撃的な姿勢を胸に、Siriusは『Maria』を演奏。一緒に口ずさみたくなる歌も印象的だが、キャッチーな歌に、2本のギターとリズム隊が牙を剥いた激しい演奏を突きつける。雄々しい歌に気持ちを高ぶらせつつ、荒ぶる演奏の刺激を浴び続けていたせいか、。彼女たちと心を一つにしたい衝動が身体中を貫いていた。


  雄々しい歌始まりの『Trigger』でも、Amiのドラムと2本のギターが身体を貫く音の銃弾を次々と撃ち放つ。その音に理性を破壊された観客たちが、翼変わりに拳を突き上げ、共に熱狂のその先へ向かって羽ばたき続けていた。さぁ、共に行こうか、限界のその先まで…。


 荘厳な鍵盤の音色が場内中に響き渡る。そこへ重なる切々としたピアノの音色。その音に乗せ、Miwaが『烏鷺』を歌いだす。演奏陣が加わるのをきっかけに、楽曲は胸を揺さぶるロックオペラのような様を見せていた。荒々しく攻めるだけではない、胸の内を揺さぶるドラマを描き出す様も、様式美な面も魅力にしているSiriusらしい姿。歌姫と化したMiwaの元へ、次々と手が伸びていた様も印象的だった。

 

3

 

 次のブロックは、あにゃの超攻撃的な演奏が炸裂したギターソロのコーナーへ。とても挑発的なのに、印象深いメロも多いのが特色だ。そこへ菫も加わり、ここからはSiriusらしいツインギターの演奏へ。つねにハモりながらも、互いに巧みに表情を塗り替え、激しいハーモニーを描きだす。あにゃがヤンチャなソロなら、菫は気高く凛々しいソロを見せる。互いにソロを掛け合う様からも、2つの異なる色が明瞭に見えてきたのも嬉しい。

 

  Empressによる、Siriusの私物プレゼントコーナー。そこへ、ジャミーワと邪悪将軍が乱入。お馴染みの小芝居へ。みつき(Empress)×ジャミーワのバトル。ジャミーラのナイトメアフラッシュ(眠くさせる魔術)でEmpressを殲滅させた??ところで、物語はTo Be Continuedへ。

 

4

 

 緩い空気を塗り替えるように、ここからはAmiのドラムソロへ。シンフォニックな音色に乗せ、ゆったりと幕を開けたドラムソロ、一打一打がとても強烈で刺激的だ。重量な演奏が、アタック感を増すごとに激しくなる。そこへ演奏陣が加わりだす。Miwaが「声出せ!!」と拳を振り上げて煽るのを合図に、Sirius流のハードロックナンバー『Playing Games』へ。演奏に合わせ、身体を激しく折り畳み、拳を突き上げる観客たち。あにゃと菫は、互いの位置を入り変え、観客たちを挑発。重厚なリズム隊の作り出す音の上で、あにゃのギターが暴れ倒す。Miwaも、言葉のひとひと言へ感情を強く込めながら雄々しく歌いあげる。
  激しいドラマは、美しい旋律をハモらせながら『夢見草』へ。激しさと美しさ、緩急巧みに曲の表情を塗り替えつつ、Miwaの歌声を咲かせる演奏も印象的だ。ドラマチックでハードな歌と演奏に酔う。いろんな別れや出会いが生まれる桜の季節に、とても似合う旅立ちの歌だけに、この時期に耳に出来たのも嬉しかった。

 

 ここで、サポートベーシストの彩が退場。次に現れたサポートベーシストがEmpressのマリー。奏でたのが、冒頭から歌声と演奏が一体化して襲いかかる『ZEAL』。印象的な歌を届けながらも、演奏が攻撃的なところもSiriusらしさ。魂を揺さぶる歌と美メロな旋律に心を揺さぶられ、場内中からも無数の拳が突き上がる。『ZEAL』、本当に気持ちを熱く高ぶらる楽曲だ。重厚なリフビートが流れるのに合わせ、場内中の人たちが激しく身体を折り畳む。
  Siriusは『朝月夜』を通して、ふたたび激しく雄々しく、ドラマチックに攻めだした。様式美ハードロック然とした色を持った楽曲だけに、身体を射抜く荒ぶる演奏に触れ、心の中の琴線を激しく掻き鳴らされる。興奮を覚えつつも、胸を揺さぶる歌声の行方を耳が追いかけていた。Miwaの優しい歌声に、一瞬でハートが射抜かれた。でも、演奏が高ぶるのに合わせ、楽曲が荒々しさを増すのもSiriusらしさ。
  『Daffodil』では、メンバーが歌い演奏しながら、ヘドバンし続ける。歌心を軸に据えた曲だからこそ、演奏陣も激しさの中にもしっかりと美メロな旋律を織りまぜ、観客たちを興奮と恍惚の地へと連れだしてゆく。そして…。 


 
 Siriusが最後に届けたのが、『LUCIFER』。彼女たちは、最後まで噛みつき、挑む姿勢を崩すことはない。むしろ最後に、歌系ながらも激リフで攻撃的な楽曲を叩きつけ、限界を超える勢いで観客たちを煽っていた。轟音の中にまみれているせいか、ずっと気持ちが高ぶり続けていた。そのうえで、しっかりと胸を揺さぶる歌を伝え続けていたMiwaの歌唱力にも、改めて敬服させられた。間奏で見せた2本のギターのツインプレイも、感情を嬉しく興奮へと導いて逝った。

 

4


 ベーシストにFullMooNのりんが登場。アンコールは、ふたたび『Fly High』を演奏。とてもスリリングな始まりだ。そこへ2本のギターが鋭利な旋律を重ねるや、楽曲は一気に漆黒の闇夜へ向かって羽ばたきだす。誰にも左右されることなく、自分たちが信じた意志を貫きながら、闇を切り裂き、光輝く未来へ向かって羽ばたく。その姿を、この日のライブでも彼女たちはしっかりと見せていた。


  闇夜を割いて見いだした光り輝く星へ向かって羽ばたくように、彼女たちが最後に届けたのがシンフォニックでメロハーな『Polaris』だ。冒頭のあにゃと菫のハモる旋律が、ひと際大きな衝撃を持って胸に響きだす。突き刺すようなビートを高速で叩きつけるAmi。Miwaの歌声が、フロアにいる満員の観客たちの心にも拳という翼を授け、一緒に熱狂の先の輝きへ向かって羽ばたき続けていた。


  満員の観客たちが終始身体を揺さぶり、声を荒らげ、熱狂し続けたこの日の公演。今、大勢の人たちがSiriusというガールズメタルシーンに現れた新星に強い期待を注いでいる。それを形として示したのが、この日のワンマン公演。その輝きが、これからさらに膨らんでゆく可能性を強く感じさせるライブだった。

 

6


TEXT:長澤智典


セットリスト
『Fly High』
『Reflection in the Darkness』
MC
『Fake you』
『EDEN』
『ADAMAS』
MC
『Maria』
『Trigger』
『烏鷺』
ギターソロコーナー 
Empress×ジャミーワ&邪悪将軍コーナー 
ドラムソロコーナー
『Playing Games』
『夢見草』
MC
『ZEAL』
『朝月夜』
『Daffodil』
MC
『LUCIFER』
-ENCORE-
『Fly High』
『Polaris』


ライブスケジュール
https://timetr.ee/p/sirius_schedule

SNS
https://twitter.com/Sirius_tw_

Sirius 1st EP 「Fly High」 MV Full
https://www.youtube.com/watch?v=scyjjtsTmb8

特集FEATURE

FEATURE
最新記事更新日 2024.05.24
ガルポ!ズ LIVE レポ
最新記事更新日 2024.05.15
ガルポ!ズ INTERVIEW