FEATURE

2024.04.13
電影と少年CQ、MANACLE、水花

水花 主催イベント『SUIKA FES Vol.1&2-RURI DEBUT LIVE-』ライブレポート 第1 部(電影と少年CQ・MANACLE・水花編)

 水花が,4月7日にCHIC HALL 渋谷を舞台に、主催イベント『SUIKA FES Vol.1&2-RURI DEBUT LIVE-』を開催した。Vol.1&2ともに、MCを"なかじ"が担当。【Vol.1 公演】には、沖縄電子少女彩/Colorpointe/電影と少年CQ/寿々木ここね /MANACLE/水花がオケスタイルで。【Vol.2 公演】には、My Little Devil/yesAND/水花withBANDがバンドスタイルで出演。ここでは、第1 部公演の中から,電影と少年CQ・MANACLE・水花のライブの模様をお届けします。

 

1

 


電影と少年CQ
 
誰もが電影と少年CQの作りあげる物語の虜になり、2人が目の前で描きだす悲劇に夢中になっていた。

 

2

 

「サントラ系アヴァンポップユニット」として活動中の電影と少年CQ。この日は、「名探偵と殺人者のラブストーリー」を題材にライブを構成。2人はライブを1曲ごとにChapterに分け、物語の粗筋となる展開を、曲が始まる前に2人で芝居を行うように語り出す。2人の語りや会話と楽曲たちが繋がりあうことで、この日の物語が舞台の上に描きだされるというわけだ。

 

 冒頭を飾った『薔薇薔薇殺人事件』で2人は、巧みに寄り添いながら、最初の物語を歌い語りだす。時の流れを忘れた場末の古びた劇場を舞台に、2人の演者が、時の流れを忘れた観客たちを前に、とある殺人事件の犯人を突き止めようと、互いの言葉のやりとりを通して謎を説き明かしだす。2人の歌やパフォーマンスを芝居調に進めてゆくところも、舞台の展開に強く惹かれる嬉しい要素だ。

 

 謎解きとなるワードを投げかけては、互いに心を探り合う2人の会話を通してChapterが進んでゆく。謎を投げかけ、その謎を解こうとする会話を繰り広げた上で、次の楽曲へ。浮遊感を抱いた『細雪』でも2人は、吐息交じりの甘く、妖しい歌声で、ときに会話を繰り広げるように、ときに異なる色の声を一つに重ね合わせ、演技風のパフォーマンスに乗せて歌っていた。電影と少年CQの作りあげた幻想浪漫かつ、少し怪奇色を抱いたミステリーでサスペンスな物語に触れていると、自然とその世界観へ心が吸い寄せられる。観客たちも、舞台の上で繰り広げられる駆け引き続く物語に、ずっと気持ちが引き寄せられていた。

 

 曲が進むごとに、次第に謎を解明どころか、謎が深まってゆく。同時に、2人の会話の中から、殺人者が誰なのかの謎解きも見えてきた。いや、2人の会話が進むことで、一つの答えが導きだされていった。そのうえで、探偵と殺人者との間に生まれた禁断な恋心。互いの心情を、『カデナ』を通して告白しあうように、2人は淡い歌声を通して思いを重ねあっていた。レトロロマンチックな世界が、そこには広がりだす。そう、ここにいる人たちは誰もが、電影と少年CQの作りあげる物語の虜になり、2人が目の前で描きだす悲劇に夢中になっていた。

 

 物語は、悲劇で終わるはずが‥意外な展開へ。まるで次々と意外性を持って展開が変わってゆく一冊の本のように、この日の物語は嬉しい結末を持って閉じていった。

 

 最後に電影と少年CQが届けたのが、週末を舞台にした、華やかな歌声と音符が舞台の上で舞い躍る、電影と少年CQ流のパーティーチューン『E.T.weekend』。ときに2人が動きをシンクロしながら、ときには舞台劇を演じる様も見せ、この場にいる人たちを"楽しい"歌と音が飛び交う中へ呼び入れ、一緒に華やかな週末の宴の様を描きだしていった。どの曲も、ドラマチックなストーリー展開を持っているのが嬉しい。たとえそれがアンニュイな曲でも、派手で華やかなダンスナンバーでも‥。

 

3

4

 

https://www.cinemaandboycq.com/
https://twitter.com/cinemaboycq

 


MANACLE
 
共に心を一つに、高らかに声を張り上げろ。そこで生まれたえナジーこそが、MANACLEのライブが生み出すパワー。

 

5

 

 荒々しい音に乗せ、メンバーらが舞台へ登場。ライブは、冒頭から場内に熱狂の景色を描きだすように『存在欲求』からスタート。メンバーらの荒々しい煽り声を受け、場内中からも野太い声が上がりだす。舞台の上の5人は、今にもステージ上から飛び下りんばかりの勢いと姿勢を持って、騒ぎたい観客たちの感情へ燃えたぎる熱情を降り注ぎだす。メンバーらの煽る声を受け、フロアのあちこちから熱い声が響き渡る。MANACLEのライブ、最初からこの会場に熱情一体化した景色を作りだしていった。なんて、パワフルでエナジーに満ちたライブ姿だろう。その気迫に吸い寄せられ、一緒に気持ちを高ぶらせたくなるのも納得だ。

 

 曲を重ねるごとに熱と迫力が増してゆく。『普遍と不変』でも、彼女たちは舞台の上を目一杯使い、パワフルかつダイナミックなパフォーマンスを見せながら、 フロアにいる人たちを煽るように、攻めた歌声を次々と投げつけてきた。凛々しい姿を見せつつも、ときに甘い表情もちら見せるところからも、5人とも舞台の上で弾けることを楽しんでいた様が伝わってきた。

 

 止まることなくどころか、曲を重ねるごとに熱が倍増ししてゆく。『CEREMONY』でもパワフルな姿はそのまま、より情熱性を増した歌を5人は伝えてきた。一人一人が、ときには2人で歌声を重ねながら、サビでは5人で熱情した思いを一つに、彼女たちは気迫に満ちた歌声を突きつける。放熱する歌の数々に触れ、声を張り上げ、拳を突き上げずにいれない。しかも歌詞へ、気持ちを揺さぶるメッセージが詰め込まれているんだもの、熱くならないわけがない。

 

  『BANyourHurt』でメンバーたちは、これまで以上に雄々しい姿を示し、観客たちの理性を次々と奪い去る。5人が高ぶる思いを一つに、気持ちを熱く突き動かす思いの数々を、パワフルなロックナンバーに乗せて投げかける。心は熱く騒ぎながらも、身体を振り乱しパフォーマンスしてゆく彼女たちの気迫に満ちた姿もしっかりと瞼に焼きつけたい。後半には、メンバーと観客たちが突き上げた拳をくるくるとまわし続ける様も描きだしていた。

 

  歌始まりの『DANCE IN THE MOONLIGHT』でも5人は、冒頭からパッションに満ちた歌声をぶつけ、観客たちを自身のフィールドへぐいぐい巻き込み、フロアにいる一人一人の理性をぶち壊していった。5人が気迫に満ちた歌声を一つにしたときの迫力は、本当に胸を熱く揺さぶる衝撃を与える。たとえこの声が枯れようと、その気迫を持ってすべてをぶちまけながら突き進め。

 

  最後にMANACLEは、荘厳でシンフォニック、ダイナミズムあふれる『想音シュプレヒコール』を突きつけ、観客たちの気持ちを熱く、激しく煽り立てた。力強く躍動したリズムに合わせ、身体を大きく揺さぶりながら、5人と一緒にシュプレヒコールを上げていたい。熱情した魂と魂がシンクロするたびに、気持ちが熱く燃え盛る。共に心を一つに、高らかに声を張り上げろ。そこで生まれたエナジーこそが、MANACLEのライブが生み出すパワー。それを感じたくて、彼女たちのライブに足を運ぶんだもの。

 

6

7


https://twitter.com/MANACLEofficial

 


水花 
 
彼女たちとここに集まった仲間たちが一つになり、ふたたび戻れる約束の地をここに作り上げていた。新生水花としての新たな聖域を、共にこの場へ生み出していった。さぁ、これから水花と一緒に新たな旅に出ようか。

 

8

 

 この日より、新メンバーにるりを迎え、新体制がスタートした水花。荘厳な、でも、どこか神秘性を帯びたインストナンバーの『Shelter』が流れだす。次々と舞台に姿を現すメンバーたち。そして‥。


  新体制になった水花のライブは、最初から観客たちの理性を奪い去るように『フィロソフィア』を熱唱。気迫あふれながらも、その中からは、凛々しさや、4人が心に抱く気高さも覚える。ただ気持ちを煽ればいいではない、その曲の中へ心を揺さぶるドラマを描き、その物語を4つの歌声でドラマチックに彩るからこそ、凛々しい4つの歌声に気持ちを煽られるあまり、声を上げ、拳やペンライトを振りたくなる。一つの色を加えるだけで、こんなにもパワフルかつ華やかさを増すとは‥。もちろん、新体制ということで気合が入っていたのもあるだろう。それを抜いても、彼女たちの気迫に気持ちを嬉しく揺さぶられていた。

 

 次に届けたのが、月代彩佳氏により振付を新調した『最果ての雨』。一人一人が色の異なる声を持って攻めるように語る、凛々しいセリフの数々も印象的だ。激しく躍動するエレクトロなダンスナンバーの上で、4人は物語を演じるようにパフォーマンスしてゆく。とてもスリリングな、どこかサスペンスな匂いを感じるのは、舞台の上から4人が見せていた気迫あふれる姿ゆえ?!一度触れたらずっと見入ってしまうパフォーマンスは、必見だ!!!!

 

 

 MCでは、新加入のるりが「夢のようで今、とても胸がいっぱいです」と語っていた。

 

9

 

  「水花の音楽が、あなたの心の居場所になれますように」と語ったるりの言葉を合図に飛びだしたのが、『心の地下室』。攻撃的なダンスナンバーの上で、メンバーらが心に渦巻く暗い感情を、まるで慟哭した叫びに変えて、いきりたつ感情としてぶつけてきた。切れ鰺鋭いダイナミックなパフォーマンスも強烈に瞼に焼きつけば、渦巻き、沸き立つ荒ぶる思いさえいつかは輝かせようと、彼女たちは感情を露にぶつけていた。4人ともかなり強気に攻めた歌声と踊りを見せている。魂を揺さぶり、叩き付けるようにパフォーマンスをする彼女たち。その気迫に刺激を受けた観客たちも、声を荒らげて、4人へ思いをぶつけ返していた。

 

 ジャジーでアバンギャルドな『Super Alien』に乗せ、4人がスリリングな香りを全身にまといながら、観客たちに痛い刺激を突きつける。ときに早口で、目の前にいる一人一人を攻め立て、挑発するように、彼女たちは雄々し声を張り上げて煽り続ける。ときに荒々しく、ときに妖しく挑発する4人の姿を、誰もが食い入るように見入っていた。新たに一つの色が加わることで、ここまで刺激と迫力を増してゆくとは‥。クールに跳ねた楽曲の上で、凛々しい様でSHOWを描きだす。その様にずっと心と視線が吸い寄せられていた。

 

  水花は最後にパワフルかつ情熱を満載した『サヴァイヴ』を、拳を突き上げ、攻めるように歌っていた。挑発する4人の姿に刺激を受けた観客たちも、声を張り上げ、拳や手にしたペンライトを振りながら、一緒に熱狂と熱情を求め、高めあっていた。間奏では、のんの煽りに合わせ、観客たちも野太い声を張り上げる。後半には、踊るメンバー一人取りに向けて熱い声も飛び交う。彼女たちとここに集まった仲間たちが一つになり、ふたたび戻れる約束の地をここに作り上げていた。新生水花としての新たな聖域を、共にこの場へ生み出していった。さぁ、これから水花と一緒に新たな旅に出ようか。

 

10

11

 


https://sui-ka.jp/
https://twitter.com/suika_official

 


PHOTO:大西慧
TEXT:長澤智典

【水花 INFOMATION】
水花公式サイトhttps://suika-jp
水花公式X(Twitter) https://twitter.com/suika_official
水花公式YouTube https://www.youtube.com/channel/UCIRbXujeq2V8rf9BHQhpKaw

5/25(土)青山 月見ル君想フ
るり生誕『Lust for Life』
出演※敬称略:るり(ソロ)/水花/松原みずき/松永天馬(アーバンギャルド)
詳細▶︎https://tiget.net/events/312704

 

特集FEATURE

FEATURE
最新記事更新日 2024.05.24
ガルポ!ズ LIVE レポ
最新記事更新日 2024.05.15
ガルポ!ズ INTERVIEW