FEATURE

2024.01.01
Mio Lavy

「いつまでも君が好き まっすぐに打ち上げていく」と歌うその気持ち、ずっとずっと向け続けていてほしい。Mio Lavy初の単独公演「〜ビビの初めてのおつかい〜」レポート!!!!!

 2023年10月10日にデビュー、「"ワタシ"と"キミ"とで、一緒に大切な宝物を探す旅へ」をキャッチコピーに、「かけがえのない思い出を日々創り上げていく」思いを掲げて活動中、正統派アイドルグループの"ミオラビ"ことMio Lavy。彼女たちが、12月28日(木)に新横浜NEW SIDE BEACH!!で初の単独公演「〜ビビの初めてのおつかい〜」を行った。ピピとは、「ミオラビ公式マスコットキャラクター」のこと。

1


 心をキラキラときめかすファンタジックなSEが流れだす。舞台に登場したメンバーらの「クラップいくよ」の声にあわせてフロア中から生まれた、5人にエールを送る温かい手拍子の音。

 

  この空間に華やかな光を降り注ぎ、胸を熱く騒がせる風を吹かせるように、Mio Lavyのライブは『キラソラヒーロー』を歌いながらスタート。5人のチャーミングな姿に刺激を受けた人たちが、熱い声を張り上げだす。彼女たちは「いつだって笑顔でいるから」の歌詞通り、舞台の上で無邪気な笑顔を浮かべ。でも、動きを5人で綺麗に揃えなから、しっかりと歌いパフォーマンスしていた。まだまだ未完成。でも、短い活動キャリアとは思えない麗美な動きを見せてゆくのも、5人の気持ちが一つに繋がっているから?!舞台の上で、キラキラな歌を届けることに彼女たちは夢中になっていた。その気持ちが歌声の波のように次々と胸へ押し寄せるたび、フロア中の人たちがハートをドキドキ鳴らしながら5人に熱い視線を送っていた。

 

  熱と勢いを持って駆けだしたロック調の『Wonderland』のイントロが流れだしたとたん、フロアのあちこちから熱い声が飛び交う。5人は笑顔を浮かべ、でも気持ちを攻めたモードに切り換えながら、少し強気な色を声にも加えて歌っていた。愛らしいチャーミングな姿も魅力だが、かわいらしさを生かしたうえで、ちょっと攻めた視線や歌声でせまる姿も嬉しく胸を刺激する。まだまだ拙い面も、観客たちの熱いエールでカバー。むしろ、互いに気持ちを高めあい、最高を作りあげようとする。その未完成の一生懸命さに共感を覚える。

 


 MCでは、初単独公演が始まった喜びを、メンバーたちがすっごく無邪気な姿で伝えていた。その新鮮さが、見ていて清々しい。

2


  『もしも、枯れない花があったなら』では、少しセンチメンタルな心模様も描写。学生時代を舞台にした青春だからこそ感じる、甘く、でも淡い恋心が、5人の歌声が綴る物語の中から見えてきた。愛しい“君”への想いを、一人一人が心の声で告白をするように歌っていた。恋に恋するような??心を疼かせる甘くて、でも淡い想いが、彼女たちの歌やパフォーマンスを通して観客たち一人一人の心のスクリーンに映し出される。ここにいる人たちが、5人の想い抱く“君”になって、彼女たちへ想いを届けるように手を伸ばしていた。

 

 「動きだした鼓動がほら 私の中で溶けて落ちる」。5人の綺麗な歌声のハーモニーをきっかけに始まったのが、『始まりのアンブレラ』。この曲でも、一人一人が歌の主人公に気持ちを染め上げ、愛らしい仕種満載で、ときめきだした乙女の心模様を、ピュアな恋心たっぷりに歌っていた。ちょっと奥ゆかしくて、でも、どこかもどかしさを覚える仕種や歌声が、見ている側の気持ちを刺激する。だから、フロアのあちこちからメンバーらに向かって熱い声が飛び交っていたのに違いない。「動きだした鼓動がまだ震えてる」。その歌詞通り、まだまだ動き出して間もないMio Lavyの姿を追いかけていると、未来を見つめ、真っ直ぐな想いを胸に走り続ける5人の姿に心が共鳴し、思わずドキドキしてしまう。

 


  Mio Lavyがデビューして、まだ2ヶ月程度。MCでは、ちょっとずつ成長している今の自分たちの気持ちも述べていた。そのうえで、次に披露したのが、この日初披露となる新曲の『雪解けのマフラー』。この歌詞の内容は、『始まりのアンブレラ』と同じ世界観。そう、『始まりのアンブレラ』と同じ作家陣が手がけているのも、この曲のポイントだ。

3


  ウィスパーな歌声を重ねあわせて5人が歌いだした『雪解けのマフラー』は、まさに雪解けの景色のように、彼女たちの歌声も解かせば、気持ちが華やぎ出す様も見せてゆく。とてもロマンチックな、美しくも清楚な世界観を描きだす楽曲だ。でも、歌詞にはもどかしい乙女の恋心と、変化してゆく心情や、華やぐ想いを投影。期待に胸をドキドキしながらも、いろんな風に気持ちが揺れ動く。移り変わる乙女の心模様に触れていると、こちらまで一緒に気持ちが揺れ動く。そんな風に、切なくも?ロマンチックな世界観に浸っていれたのが嬉しい。できれば『始まりのアンブレラ』と『雪解けのマフラー』の歌詞をしっかりとチェックし、どんな気持ちを歌っているのかを調べたい。「雨が雪になる」と彼女たちは歌っていた。そこへどんな想いの変遷が描きだされているのか、ちょっと気になってきた。

 


  Mio Lavyが最後に歌ったのが、『僕だけのミオ』。メンバーの感情的な歌声から始まる楽曲だ。冒頭のパートを歌い終え、楽曲が流れだしたとたん、フロア中から熱い口上が飛び出した。Mio Lavyの始まりの景色が、この曲を聴くたびに甦る。たとえその景色を知らない人でも、『僕だけのミオ』に触れていると、5人と一緒に、まだ見ぬ輝く未来へ向かって歩みたくなる。一人一人が、今の自分自身へ。そして、これからもずっと胸に抱き続けるであろう想いを、フロアへいる仲間たちへ向けて真っ直ぐに届けていた。Mio Lavyが指し示す未来には、一体どんな景色が待っているのだろうか。「キミとなら乗り越えていける」と歌う彼女たちの言葉を信じられるのなら、あなたも、その"キミ"になって、一緒に奇蹟の物語をずっと作っていかないか。

 


  熱い熱いアンコールの声を受け、ふたたび5人が舞台へ。ここで、ふたたび新曲を披露。まさかの新曲2曲の披露に喜ぶ観客たち。中には、予想していた人たちもいた??嬉しいのが、新曲『Polaris』の作詞をメンバー5人で手がけたこと。彼女たちが作詞のテーマにした題材を、月野りおが提案。それが「ずっと続いている仲良い人たちが、これからもずっと思い出を積み重ねてゆく」こと。その思いを、ラブラブなカップルに置き換えて綴っているところもポイントだ。さらに、振り付けを深月はなが担当。振りの特徴として、「メンバーだからこそ知っているステージ上のいいところや見せたいところを詰め込んでいる」とも語っていた。観客たちも参加しやすい振りもポイントだ。メンバー自身が、がっつり楽曲へ関わっているのが嬉しいじゃない。

3

  『Polaris』はとってもキラキラと眩しく弾けた、まさに王道アイドルポップチューン。歪んだギターの音が響き渡るところにも、Mio Lavyらしさを実感。「いつまででも君が好き 真っ直ぐに打ち上げてゆく」の歌詞のように、恋した乙女の真っ直ぐな心模様が、気持ちを嬉しくはしゃがせる。途中「大好きだよ」のセリフが飛びだすのも、胸をときめかせるポイントだ。フロアからは、すでに「お前が一番」と熱いコールも飛び交いだす。『Polaris』、これからのライブで、ファンたちと一緒に胸をキュンとしながら騒げる、熱狂生み出すラブリーなポップチューンになりそうだ。「いつまでも君が好き まっすぐに打ち上げていく」と、花火にたとえて歌うその気持ち、ずっとずっと応援してくれる人たちにも向け続けていてほしい。もちろんフロア側からも、熱い熱い想いの花火を咲かせ続けるからさ。

  最後の最後に、Mio Lavyはふたたび『キラソラヒーロー』を熱唱。やはり、この曲を通して、一緒に熱情したMIXの声を上げないと、胸がすっきりしない。すっかり気持ちも身体も温まったメンバーと観客たちが、感情のドキドキ指数をMAXまで上げ、互いにキラキラとしたまばゆい輝きを全身に浴びながら、共に楽しいや幸せをプレゼントしあっていた。

 


  歌い終わり、メンバー一人一人がメッセージを述べだした。

 

「デビューしてから2カ月、こんなにもたくさんの方に来ていただいて嬉しかったです。曲中も盛り上がってくれてありがとうございました。来年も、もっともっと頑張るので、これからも引き続きMio Lavyの応援をよろしくお願いします」(佐藤沙也香)

 

  「Mio Lavyがデビューしてもうすぐ3ヶ月になるんですけど。ほんとにこの3ヶ月でいろんなことがあって。今は5人で活動をしているけど,メンバーの数が減ったり、4人で活動をする時期が長かったりと、みなさんには心配をかけることも本当にあって、ただ楽しきだけのアイドル活動ではないなと感じました。苦しいこともありますけど、単独や日々のライブにみなさんが会いに来てくれたり、SNSへコメントしてくれたり、そういういろんな感謝を掻き集めて、今日も幸せを感じています。これからは、みなさんがわくわくするようなことをたくさん届けていくので、楽しみにしていてください」(綺島梓紗)

 

  「今回、新曲の振り付けを任せていただくという大きな任務をもらったんですけど、どうでしたか?みんながどう盛り上がってくれたかなとか、すごい願いを込めて作って、それが届いたのが嬉しかったのと、メンバーに振りを教えているときに「かわいい」とか「めっちゃいい」と言ってくれた言葉がすごく嬉しかったので、『Polaris』もMio Lavyと一緒に愛してくれたら嬉しいです」(深月はな)

 

  「デビューして2ヶ月が経って、わたし"ゆあ"は初めてのアイドル活動をやっているので、まだまだ至らない点もあるかと思いますけど。ちょっとずつ成長していますし、まだまだもっともっと歌もダンスも頑張りますので、引き続き応援してください。Mio Lavyこのまま走り続けます」(佐々木由愛)

 

  「デビューから2ヶ月経って、2ヶ月があっと言う間でしたけど。この間で、自分の中ではちょっとは成長があったと思っていて。でも、それは他の人から見たときに、足を引っ張っている姿にも映ると思うんですけど。それが、他の人から見ても、その頑張りが伝わるように頑張ります」(月野りお)

4


 この日、Mio Lavyは…

 
①2024年3月5日(火)恵比寿CreAtoにて1stワンマンライブ開催
②1月に新曲を含む全7曲の配信決定

  と、新しい情報も発表。まだまだ初々しい彼女たち。その未完成な輝きが、どんな風に彩りを深化し、進化させてゆくのか、楽しみに見続けようか。

 


  新曲「雪解けのマフラー」を作詞した戸田ころねのコメント


こんにちは、戸田ころねです。
Mio Lavyさんのウィンターソング「雪解けのマフラー」作詞させていただきました。
Mio Lavyさんの作詞は「始まりのアンブレラ」に続いて2曲目となりまして、また作詞で携わることができ、とても嬉しいです!
「雪解けのマフラー」は「始まりのアンブレラ」と同じ世界線でのウィンターラブソングにしてほしいとご依頼があったので、「始まりのアンブレラ」で恋をした2人のラブソングにしました。
歌詞を良く読めば気づいてもらえるような、2人の続きのお話し。前作に続き女の子側の恋心を歌いましたが、女の子特有の考えすぎてしまう気持ち、肌寒い季節の切なさを書きました。
この2人の恋がこの冬を超えて、また新しい季節に巡り合うのか、寂しい別れがあるのか。
この曲を聞く皆様の冬の季節に、そっと思い出すような物語のある曲になると嬉しいです。
Mio Lavyさんのウィンターソングといえばこれ!とメンバーさんにも思って欲しいですね。

11


そして最後にメンバーたちが単独公演を終えての感想の言葉を届けてくれたので、記そうか。

 


綺島梓紗:あっという間だったけど本当に幸せな時間でした。メンバーのいつも通りマイペースな空間に、優しく見守ってくださる皆さんが笑顔でいてくれて。更には、手売りで出会えた方のお顔も見つけられて嬉しかった。一緒に踊れる曲も増えたので、振りコピしてくれてる時のサイリウムの煌めきがとっても綺麗でした!
来年は、個人的にも生誕祭から始まり1stワンマンとイベント目白押し。これまでの出会いをより一層大切にしながら、新しい出会いや変化でたくさんの人に笑顔を届けます。

12

深月はな:ミオラビ初単独公演、足を運んで下さった皆様ありがとうございました!今回は新曲2つのうち、Polarisの振付を担当したのですがこれから色んなところで披露すると思うのでぜひ好きになっていただけたら嬉しいです。3月にはワンマンライブも決まったので、さらにステップアップできるよう今日からまた頑張ります。沢山の人にお会いできますように!

13

佐々木由愛:ミオラビの初単独ライブ本当にありがとうございました!とっても楽しかったです!みんなとならもっともっと大きくなれるなって感じたライブでした。発表させて頂きましたが2024年3月5日にはミオラビの初ワンマンライブをさせて頂きます!来年3月までに今以上にパワーをつけて恵比寿Cre Atoさんでお待ちしております!ミオラビの新たな1ページを一緒に創り上げて下さい!

14

佐藤沙也香:初単独ライブありがとうございました!初めてミオラビだけでライブをしてたくさんの方が見てくれて嬉しかったし感動しました。

15

月野りお:今回初単独ライブという機会をいただけて、楽しい時間を過ごせて、とても嬉しかったです。ありがとうございました!アイドルを始めて2ヶ月、あっという間に経ちましたが、自分からするとデビューの時より小さなことだとしても成長を感じているので、自分だけじゃなく他の人から見てもそれが伝わりライブを楽しんでもらえる人が増えるように、これからも頑張ろうと思いました。
2024年は、自分に自信をつけて、そしてアイドルとして飛躍できるような年にしたいです。まずは3月の1stワンマンに向けて頑張ります。

16


PHOTO:Minami
TEXT:長澤智典

-ライブ情報-
■綺島梓紗 生誕祭

日程:2024年1月20日(土)
会場:SHIBUYA ONE5
OPEN 17:30/START 17:50(予定)
年明けよりチケット発売開始

17

 


■MIo Lavy 1stワンマンライブ~進むべき道しるべ~

日程:2024年3月5日(火)
会場:恵比寿CreAto
OPEN 18:30/START 19:00(予定)

年明けよりチケット発売開始

 

18

SNS
■Mio Lavy 公式SNS

X(Twitter):https://twitter.com/MioLavy_info
Instagram:https://www.instagram.com/miolavy_info/
TikTok:https://www.tiktok.com/@miolavy_info
YouTube:https://youtube.com/@MioLavy_channel?si=chjlyGDujBQQFvTF
LINE:https://lin.ee/FDenWK6

■メンバーSNS

●綺島 梓紗

X(Twitter):https://twitter.com/MioLavy_Azusa
Instagram:https://www.instagram.com/miolavy_azusa/
TikTok:https://www.tiktok.com/@miolavy_azusa

●深月 はな

X(Twitter):https://twitter.com/MioLavy_Hana
Instagram:https://www.instagram.com/miolavy_hana/
TikTok:https://www.tiktok.com/@miolavy_hana

●佐々木 由愛

X(Twitter):https://twitter.com/MioLavy_Yua
Instagram:https://www.instagram.com/miolavy_yua/
TikTok:https://www.tiktok.com/@miolavy_yua

●佐藤 沙也香

X(Twitter):https://twitter.com/MioLavy_Sayaka
Instagram:https://www.instagram.com/miolavy_sayaka/
TikTok:https://www.tiktok.com/@miolavy_sayaka

●月野 りお

X(Twitter):https://twitter.com/MioLavy_Rio
Instagram:https://www.instagram.com/miolavy_rio/
TikTok:https://www.tiktok.com/@miolavy_rio

セットリスト
『キラソラヒーロー』
『Wonderland』
『もしも、枯れない花があったなら』
『始まりのアンブレラ』
『雪解けのマフラー』
『僕だけのミオ』
-ENCORE-
『Polaris』
『キラソラヒーロー』
 

特集FEATURE

FEATURE
最新記事更新日 2024.05.24
ガルポ!ズ LIVE レポ
最新記事更新日 2024.05.15
ガルポ!ズ INTERVIEW