FEATURE

2022.09.08
HATEandTEARS

気がついたらHATEandTEARSが描くアッパーなエレクトロワールドに心が熱く染め上げられていた。

8月21日に渋谷club asiaで行われたイベント「iColony LIVE PREMIUM」。ここでは、HATEandTEARSのライブの模様をお伝えします。


HATEandTEARS


名古屋からやってきた、5人組electro-popガールズグループのHATEandTEARS。彼女たちは、冒頭から観客たちを熱く煽り出す。その気合が伝わってきたのが嬉しい。

ライブは、愛らしくチャーミングなエレポップなサウンドを背景に『RETROSPECTIVE』を歌いながらスタート。メンバーたちは、心弾む気持ちへ次第に熱を加えるように歌っていた。煽るメンバーをライブのコンダクターに据え、彼女たちは全員で気持ちを一つにしたパフォーマンスを見せてきた。とても親しみやすい楽曲だ。心地好いビートナンバーという理由もあり、身体を揺らしながら、メンバーらの姿をずっと追いかけていたくなる。

彼女たちの甘い甘い歌声に触れていると、心がどんどんとろけていきそうだ。続く『sugarless』でHATEandTEARSは、浮遊感を持った楽曲の中、自分たちの感情もフワフワと漂わせるように歌いながら、甘い世界へ観ている人たちを包み込んでいった。5人の美しく綺麗なハーモニーも、耳に心地好い。このままズッと気持ちをアゲ続けていたい。

フワフワと揺れていた気持ちへ熱い刺激を加えるように、HATEandTEARSは腕を振り上げ、『Make a Change』を通して観客たちの気持ちを煽りだす。愛らしい表情はそのままに、「燃えあがれ」と歌いながら、一緒に熱を交わしあおうと5人が誘いをかけてきた。高く手を上げ力強く歌うメンバーらの姿に観ている側の気持ちも熱く揺さぶられ、気がついたら一緒に腕を振り上げながらライブを楽しんでいた。

最後は、観客たちも一緒に振りに参加しながら一体化した景色を描きだす『light up my lve』へ。ウィスパーな歌声やラップも巧みに交え、HATEandTEARSは甘くとろけそうなポップワールドへ観客たちを誘い込む。カラフルな歌声が舞台の上から降ってくるような感覚を覚えていたのは、個性的な歌声の色をメンバー一人一人がフロアに向けて届けていたからだ。サビ歌では彼女たちと同じ振りをしながら、フロアにいた人たちも無邪気に楽しんでいた。気がついたら、アッパーなエレクトロワールドに心が熱く染め上げられていた。

PHOTO: 豊田詩緒里、永瀬一幸、大西基
TEXT:長澤智典

ライブ写真

SNS
https://twitter.com/hateandtears1
https://lit.link/HATEandTEARS
 iColony アイドルライブ動画ch
https://www.youtube.com/channel/UCiY71yOK5gh-wCoUBCRSSPA
https://twitter.com/icolony_info 

特集FEATURE

FEATURE
最新記事更新日 2022.12.10
ガルポ!ズ INTERVIEW
最新記事更新日 2022.12.10
ガルポ!ズ LIVE レポ