FEATURE

2022.09.10
Caress Van End

エモーショナル??いやいや、激エモなライブパフォーマンスだ。魂を燃えたぎらせ歌い踊るCaress Van Endの姿に触れ、気持ちがずっと奮い立っていた。 Caress Van End ライブレポート

8月21日に渋谷club asiaで行われたイベント「iColony LIVE PREMIUM」。
ここでは、Caress Van Endのライブの模様をお伝えします。

Caress Van End

 メンバーたちと観客らによる熱いクラップのやり取り。ライブは、歌始まりの楽曲を持って「東京ディストーション」にてスタート。いきなり感情のギアをトップまで上げてゆく始まりだ。いや、メンバーらの熱を抱いた声が強く揺れ動くたびに、抑揚する歌に刺激を受け、自然に気持ちの熱も上がりだす。躍動する楽曲に乗せ、彼女たち自身の気持ちがエモさを増してゆく。その熱い誘いに心を動かされ、フロアでも飛び跳ねる人たちが次々と現れていた。

 続く攻撃的な楽曲「オーバーサイズ」でも,Caress Van Endは沸き立つ感情を燃えたぎらせ、観客たちを熱く熱く挑発し続けてゆく。激しさの中にドラマ性を覚える楽曲だ。何よりメンバーたち自身が、笑顔を浮かべながらも、奮い立つ感情をガツガツとダイレクトにぶつけていた。熱を大きく膨らませたエモい歌声に触れ、観ている側の気持ちもエモさを増してゆく。このまま一緒に魂を奮わせ、興奮という景色の中で騒ぎ続けていたい。

 次に披露した楽曲「LOVELESS」でも、メンバーらは冒頭から一体化した歌声を響かせ、この空間に熱風を巻き起こしていた。エモーショナル??いやいや、激エモなライブパフォーマンスだ。魂を燃やすように歌い踊るCaress Van Endの姿に触れ、気持ちがずっと奮い立っていた。

  Caress Van End、なんてエモいグループだ。後半を彩った『アネモネ』も、そう。彼女たちはどの曲でも、胸の内に秘めた思いに熱情という火を付け、燃え盛る気持ちに変えてぶつけてゆく。終始、テンション高くエモい歌声やパフォーマンスを示しながら、彼女たちは観ている人たちをずっと熱狂の中へ包み込んでいった。

  最後に届けた楽曲「君を想い積もる言葉」でも、Caress Van Endは気持ち奮い立つライブパフォーマンスを通して熱狂と興奮が渦巻く世界を作り上げ、観客たちの心にその様を焼き付けていった。メンバーたちは、終始、気持ちを一つに熱情した歌声を響かせていた。その姿に、ずっと心が騒ぎ続けていた。

PHOTO: 豊田詩緒里、永瀬一幸、大西基
TEXT:長澤智典

人物写真


SNS
https://twitter.com/CaressVanEnd
https://caress-van-end.com/

iColony アイドルライブ動画ch
https://www.youtube.com/channel/UCiY71yOK5gh-wCoUBCRSSPA
https://twitter.com/icolony_info 

 

特集FEATURE

FEATURE
最新記事更新日 2022.12.10
ガルポ!ズ INTERVIEW
最新記事更新日 2022.12.08
ガルポ!ズ LIVE レポ