FEATURE

2022.08.29
ナデシコドール

ユズハとリエが絡み合う場面も色っぽい。ナデシコドールは最後まで、触れた人たちの心を妖しい魅力で揺さぶり続けていった。 【MUSIC SHUFFLE&MASHUP LIVE】ライブレポート ナデシコドール編

 8月1日(月)、新宿ReNYを舞台に行われた個性の強いガールズたちが集結したイベント「MUSIC SHUFFLE&MASHUP LIVE」。出演したのが、ANARCHY STONE/囁揺的音楽集団 AsMR/太田家/CANDY GO!GO!/Oracle Futaba/月照ラス/ナデシコドールの計7組。当日の公演より、ここではナデシコドールのライブの模様をお伝えしたい。


ナデシコドール

  ナデシコドールは、冒頭から歌心を抱いたエモーショナルなロックナンバー『青ノ輪廻-ray force-』を歌唱。とても印象深く歌が胸に染み込む楽曲だ。演奏自体は、激しさを押し出している。でも、歌謡ロックした曲調や、ヴォーカルのユズハの歌声が艶気を帯びているからだろう、その歌声が心をつかんで離そうとしない。離さないのではない、彼女自身が、一度反応を示した人の感情をがっちり捉え、蜘蛛の糸のように複雑に絡みつき、逃さない。とても存在感の強い歌声だ。この日は喉の疲労から、しゃがれた声だったのは残念だったが…。

 続く『ドリーミーナイト』でも彼女たちは、ねっとりとした妖艶な楽曲を魅力に、観ている人たちの気持ちを自分たちの囲いの中へぐいぐい引き込んでいった。歌声も、演奏も、楽曲も、とにかく色濃い。でも、その強い癖の虜になったが最後、妖艶なロックワールドに溺れたくなる。艶美な大人の魅力を振りまきながら、観客たちを妖しく挑発するナデシコドール。ライブの途中には、ユズハとリエが踊りに興じる場面も登場。リエの熱情したギターの演奏も、胸を熱く騒がせた。

  次に披露したのが、この季節にピッタリ。音頭をベースに据えたハードロックスタイルの『あっぱれ!撫子節』。触れた瞬間から身体を心地好く揺らす楽曲だ。ユズハの煽りに合わせ、フロアでも彼女を真似て腕をくるくるまわしながら、踊りに興じる人たちも登場。その場を、浮かれ騒ぐ宴の場に染め上げる楽曲だ。ちょっとコミカルな歌詞も含め、触れた人たちを妖艶乱舞する祭り人に変えてゆく景色が広がっていた。

  最後にナデシコドールは、ハイトーンヴォイスを活かした歌声から幕を開ける『月下絶麗』をぶつけてきた。この日はワンマン公演も含む、ライブ続きによってユズハの喉がかすれ、ベストな状態ではなかった。とはいえそのハンデさえ忘れさせるように、みずからを月下に咲く凛々しい花のように艶美な姿に変え、気持ち揺れるまま、妖艶な香りをたっぷり振りまきながら歌っていた。感情剥き出しの激しい歌声や演奏に乗せ、ナデシコドールは艶やかな魅力をドラマチックに届けていた。終盤、ユズハとリエが絡み合う場面も色っぽい。ナデシコドールは最後まで、触れた人たちの心を妖しい魅力で揺さぶり続けていった。


LIVE

PHOTO:菊島明梨
TEXT:長澤智典


ナデシコドール SNS
https://twitter.com/sonozaki_yuzuha
https://twitter.com/nadeshiko_rie
http://www.nadeshikodoll.com/pc/index.html

MUSIC SHUFFLE & MASHUP LIVE」配信チケットアーカイブ(〜8/31まで何度でも視聴可能)
https://www.funity.jp/tickets/muetike/show/msml22st/1/1

特集FEATURE

FEATURE
最新記事更新日 2022.12.10
ガルポ!ズ INTERVIEW
最新記事更新日 2022.12.10
ガルポ!ズ LIVE レポ