FEATURE

2022.04.18
PiXMiX/花いろは/エラバレシ

『MIRAI系アイドルTV主催ライブ』ライブレポート PiXMiX・花いろは・エラバレシ・『MIRAI系アイドルTV』収録編 

 品川庄司がMCを務めるバラエティ番組『MIRAI系アイドルTV』。同番組が主催した『MIRAI系アイドルTV主催ライブ』が、4月3日にEX THEATER ROPPONGIを舞台におこわなれた。出演したのは、純情のアフィリア、エラバレシ、ピュアリーモンスター、Luce Twinkle Wink☆、Jewel☆Mare、クマリデパート、PinkySpice、PiXMiX、放課後プリンセス、花いろは、マジカル・パンチライン、#2i2、#よーよーよー、リルネード、BANZAI JAPAN、バクステ外神田一丁目、イケてるハーツ、Pretty Ash、Next☆Ricoと計19組。当日の模様を、ここにお伝えしたい。


PiXMiX    

LIVE

 PiXMiXは、冒頭から超ダンサブルでトランシーな「ピクミクパーティー! 4th Anniversary ver.」を届け、この場を華やかなダンスパーティーの会場に染め上げた。身体を騒がせるダンスビートの上で、5人は可愛く煽りだす。オラオラと力強く煽るだけがノリじゃない。彼女たちは愛らしい笑顔と、甘い中にも凛とした力を秘めた歌声で、見ている人たちの身体を騒がせる。さぁ、素敵なパーティーの始まりだ!!!!!

  少し色を塗り替え、PiXMiXは胸の内に秘めた想いを届けるように「Don’t Look Back」を優しい声で歌っていた。サビで一気に気持ちを解き放つ姿も眩しい。彼女たちは「Don’t Look Back」を通し、自分たちが胸に抱いた強い意志を晴れた歌声で伝えてきた。この曲を通して、彼女たちの強い絆を持った関係性や、描き続けた夢を追いかける想いが見えていた。

  ここからもっともっと会場に渦巻く熱へ磨きをかけようと、PiXMiXは力強く晴れた歌声で「Brush up!!」を歌いだした。彼女たちが「Brush up輝いていけ」と歌う声に触れるたび、見ている側の気持ちも磨かれてゆく。このまま彼女たちと一緒に自分磨きをしながら、輝く素敵な未来をつかみたい。

  最後に歌ったのが、最新配信シングル曲の「アンビバレンス」。5人の美しいハーモニーから楽曲はスタート。 華やかでカラフル。ドラマチックな表情を描きだす「アンビバレンス」には、今の5人のPiXMiXとして歩んだ道のりや、これからも歩んでいくための生き方や指針が記されている。この曲を聴きながら、今の5人の心情と歌詞へ記した言葉を重ねあわせていた。弱い自分も認めたうえで未来へ進み続ける彼女たちの背中を、これからも追いかけようと胸に誓っていた。


https://twitter.com/PiXMiX_OFFICIAL


花いろは

LIVE

  まさに、「トキメキの鍵」というタイトル通りの楽曲だ。花いろはが最初に歌いだした「トキメキの鍵」に触れたときから、心の中に淡いトキメキが広がりだした。彼女たちは、自分たちでも"トキメキ"の先にある素敵な景色や想いを見つけ出そうと歌っていた。5人が、自分たちでトキメキの鍵を開けようとするその姿が、僕らにとってはトキメキそのものだった。
                                                     
 桜の季節という今の時期へ寄り添うのに相応しい「君想い桜」を、花いろはは歌っていた。とても可憐で華やかな歌だ。メンバーみんな、胸に秘めた想いを零すように歌いかける。その姿へ清楚な乙女らしさを覚えるたび、彼女たちを守ってあげたくなる。強さを示すアイドルたちが多い中、花いろはのように可憐な儚さも見せてゆくグループには愛しさを覚えずにいれない。

 季節を一気に冬へと連れ出すように、花いろはは「サンタクロースじゃ物足りない」を歌いだした。メンバー一人一人が、心の声を告白するように歌っていた。そこには強い意志が漲っていた。その意志を5人は、花咲くような美しくも華やかな歌声に乗せて届けてきた。いつの間にか「サンタクロースじゃ物足りない」を聴きながら、華やぐ気持ちが心の中に広がっていた。

  花いろはは、最後に「究極LOVE」を歌唱。舞台の上に咲いた5輪の花は、恋する乙女のときめく養分を思いきり吸収しながら、眩しくカラフルな大輪の花を咲かせていた。彼女たちに恋の告白を受けている間、ドキドキを止めたくなかった。


https://twitter.com/hanairoha_ww


エラバレシ    

LIVE

 エラバレシのライブは、ファンキーでソウルフルな要素も満載。見ている人たちを、戦闘モードな乙女心で包み込む「逆境ノンフィクション」からスタート。「好き」という気持ちを、彼女たちは強気なモードにシフトして伝えてきた。か弱い乙女じゃ勝ち目はない。ここは強気に攻めないと。そんな乙女心を彼女たちは力強く、でも晴れた開放的な歌声を通して届けていた。

 「Ambitious」でエラバレシは、愛らしくラブリーな表情を見せてきた。むしろ、夢見る乙女心や大切な仲間たちとの強い絆を覚えながら、そのうえで愛しさを振りまく様こそエラバレシらしい姿。「Ambitious」でも、メンバーどうしで強く結び合った絆を確かめるように歌っていた。4月末でリーダーの朝倉ゆりが卒業という理由もあり、ますますこの歌に込めた互いの友情や繋がり、絆を歌った曲が、今のエラバレシの失くしたくない強い意志を示す姿としても見えていた。

 続く「未来トリロジー」でも7人は、ファンたちも含めたこの関係性を未来へ繋げるように歌っていた。互いを信頼しあっているからこそ見せる、息のあった歌声やパフォーマンス。この曲でも、目の前にはキラキラとした7人の姿があった。自信を胸にした笑顔で歌い踊る姿を、彼女たちは見せていた。だから、 その姿に眩しさを覚えずにいれなかった。
  
  最後にエラバレシは、ライブに熱狂を描き続けてきた「チェッカー・フラッグ・ラブ」を歌唱。明るく激しくバーストした楽曲の上で、7人は溜め込んでいたエナジーを思いきり放熱するように歌い踊っていた。その姿に刺激を受け、テンションも爆アガりだす。このまま心のアクセルをベタ踏みしたまま最後のチェッカーフラッグを受けるまで駆け抜けよう。最後はしっかり、フロア中をアゲてゆくところもエラバレシらしいじゃない。 


https://twitter.com/_erabareshi_


『MIRAI系アイドルTV主催ライブ』公開収録

LIVE

 この日のイベントの冠になっていた『MIRAI系アイドルTV』の公開収録を実施。この日、出演したのが、ピュアリーモンスター、マジカル・パンチライン、PiXMiX、花いろは、クマリデパート、Luce Twinkle Wink☆、#212、純情のアフィリアの中から演出選出したメンバーたち。

 前半部は、クマリデパート・PiXMiX・Luce Twinkle Wink☆・ピュアリーモンスターの選抜メンバーが出演。ここでは、出されたお題に沿った演技をしたうえで、最後に言葉を述べる「ひと言選手権」を開催。それぞれが、どんなことを語っていたのか、詳しい内容は番組を通して観ていただきたい。

 後半部には、花いろは、#212、マジカル・パンチライン、純情のアフィリアの選抜メンバーが出演。ここでも、出されたお題に沿った演技をしたうえで、最後に言葉を述べる「ひと言選手権」を開催。それぞれが、どんなことを語っていたのか、詳しい内容は番組を通して観てほしい。


https://twitter.com/mirai_idol_tv


TEXT:長澤智典 
 

特集FEATURE

FEATURE
最新記事更新日 2022.06.25
ガルポ!ズ LIVE レポ
最新記事更新日 2022.06.24
ガルポ!ズ INTERVIEW