FEATURE

2022.03.12
ポリシーなんてごんごどうだん

「Galpo! Live Show Vol.7」ポリシーなんてごんごどうだん! ライブレポート

 2月26日(土)、六本木SEL OCTAGONを舞台に「Galpo! Live Show Vol.7」を「1部/2部公演」として開催。1部に出演したのが、HOT DOG CAT/Fragrant Drive/夢∞NITY/ポリシーなんてごんごどうだん!/てぃあむ。2部に出演したのは、マジカル・パンチライン/STELLABEATS/STRAY SHEEP CLAYMORE/.BPM/AiDOLOXXXY。
 この日の模様は、「ニコニコ動画」でも生配信。ニコニコチャンネルの番組「Galpo! Live Show」に月額会員登録した方は、「Galpo! Live Show」で配信したすべてのライブ動画。さらに、スピンオフ配信のプログラム映像を見られる内容になっている。
 ここでは第1部に出演したポリシーなんてごんごどうだん!のライブの模様をお伝えしたい。


ポリシーなんてごんごどうだん!

1曲1曲の中へ"強い意志や 姿勢"を示すからこそ、もっと深くポリシーなんてごんごどうだん!のことを知りたくなる。

 ポリシーなんてごんごどうだん!のライブは、とても美しく、でも切なさも抱いたミディアムチューンの「キミソラ」からスタート。今は会えなくなった、胸に抱いた愛しい人への想いを、3人は高い空へ向け、心の声を届けるように歌っていた。メンバーらの切ない歌声へ同じように切なさを覚えながらも、心が強く惹かれてゆく。メンバー一人一人の言葉を、歌声をしっかり受け止めたい。彼女たちの気持ちに想いを寄り添え、同じ切ない想いに涙のチューニングを合わせたい気持ちで、彼女たちのライブに触れていた。

  それまでの切ない空気を一気に吹き飛ばすように、ポリシーなんてごんごどうだん!はパワフルな歌声とパフォーマンスを魅力に、躍動した曲の上で凛々しく攻めだした。沸き立つ熱い想いを、3人は「学生アイドル」に乗せ歌い叫んでいた。自分たちの生き方や生きざまを舞台の上からぶつける3人からは、攻めた姿勢も感じる。いや、彼女たちは自分たちが抱いた強い意志をぶつけることで、自分らの存在意義をここに示していた。

 セルフプロデュースしてゆくアイドルのように,彼女たち自身が届ける楽曲に想いを深く込めている。だから、強い説得力を覚えるのだろう。MCでの緩い姿とのギャップも、ポリシーなんてごんごどうだん!の見どころだ。

  1曲ごと、いろんな楽曲の表情を見せるポリシーなんてごんごどうだん!。続く「ポリシーなんて捨てちまえ!」では、愛らしくてポップな魅力を、可愛らしい仕種満載で届けてきた。タイトルの強気さとは裏腹に、曲調も歌声やパフォーマンスからも乙女らしさを覚える。歌詞にはシニカルさを組み込んでいるところも、このグループらしさ?!愛らしさの裏に隠れたいろんな表情が見えてくるたびに、ポリシーなんてごんごどうだん!への興味が深まりだす。

  最後にポリシーなんてごんごどうだん!は「希望の夢」を歌唱。自分が未来へ進むうえでの想いや意志を、3人はこの歌に詰め込み、フロア中の人たちに届けていた。親しみやすさを覚えながらも、1曲1曲の中へ"強い意志や 姿勢"を示すからこそ、もっと深くポリシーなんてごんごどうだん!のことを知りたくなる。見るたびに興味が深まる?そこに魅力を感じながら、歌い踊る彼女たちをずっと見つめていた。
 

ジャケット

 


PHOTO:守屋貴章
TEXT:長澤智典


ポリシーなんてごんごどうだん!
https://poly-gon.com/
https://twitter.com/poly_gon_

「Galpo! Live Show」
https://ch.nicovideo.jp/galpoliveshow
 

特集FEATURE

FEATURE
最新記事更新日 2022.06.25
ガルポ!ズ LIVE レポ
最新記事更新日 2022.06.24
ガルポ!ズ INTERVIEW