FEATURE

2021.11.18
Re:INCARNATION

挑戦的なRe:INCARNATIONのライブ姿に気持ちが嬉しく奮い立つ。 「iColony LIVE EXTRA」公演より、Re:INCARNATIONのライブの模様をレポート!!   

 定期的に開催中のライブイベント「iColony LIVE」を通し、毎回アイドルのライブ映像を生配信。その後、YouTube上で展開中の「iColony アイコロニー・アイドル ライブ動画」へアップし続けているのが、映像制作/イベント開催を行っている「iColony」。同チームが、11月4日(木)に代官山SPACE ODDを舞台に行ったのが「!Colony LIVE EXTRA」。出演したのが、ヒップバーン/Re:INCARNATION/LeirA/INDIVIDUAL PLATE/Fragrant Drive/AiDOLOXXXY/CANDY GO! GO!/CHERRY GIRLS PROJECTの8組。
  ここでは、Re:INCARNATIONのライブの模様をお届けします。


Re:INCARNATION 


  拳を振り上げ、勢いよく舞台へメンバーたちが姿を現した。Re:INCARNATIONのライブの冒頭を飾ったのは、このグループの生きざまや姿勢を雄々しいロックな楽曲と歌声を通して示す「Re:INCARNATION」だ。メンバーの「拳!!」の声に触発され、フロアからも突き上がる拳。メンバーらは沸き立つ熱情を、凛々しい歌声にどっぷりと込めながら歌っていた。とても力強い楽曲だ。それ以上に、挑む姿勢で歌声を突きつけるメンバーたちの気合と気迫に気持ちが熱くなる。彼女たちの歌声やパフォーマンスに刺激を受け、フロアのあちこちで拳が突き上がるのも納得だ。爆裂した楽曲に乗せ、ときに大きく足を蹴り上げ大胆なパフォーマンスを見せるメンバーたち。挑戦的な姿に、気持ちが嬉しく奮い立つ。

 続く「X-DAY」も、パワフルで重量感を持った、でも速いテンポに乗せ熱い風を吹かせるように突き進む開放的な楽曲だ。その迫力に刺激を受け、魂が熱くなる。いつもは4人でパフォーマンスしているが、この日は3人。でも、そのハンデを逆に力強い歌声とパフォーマンス、何より気合でカバーしてゆくところが流石だ。知らない人からすれは、これがスタンダードな形と思っていたのでは??。それくらい、魂を熱く騒がせる歌やパフォーマンスをRe:INCARNATIONは見せていた。終盤には、メンバーとファンたちが大きく手を上げ一つに重なりあう風景も登場。メンバーも魂を込めて歌っていたように、その言葉に相応しい熱いライブだ。

 同じ激しさでも、前半部でのRe:INCARNATIONはダウナーでラウドなロックスタイルを示していた。でも後半では、爽やかさを抱く、開放感を満載したハードなロックンロールナンバー「Memories」を歌っていた。3人の歌声にも輝きが満ちていた。会場中の人たちを心晴れ渡る開放的な空間へ連れだし、一緒に色鮮やかな世界を描きたい。Re:INCARNATIONの歌へ導かれながら、心がどんどん解き放たれてゆく。そんな感覚さえ覚えていた。

  最後に、Re:INCARNATIONは「信じてる-Keep on going-」を歌唱。爽やかさを詰め込んだこの曲も、Re:INCARNATIONのライブにずっと寄り添い続けてきた。「ここからが始まりなんだ」と彼女たちは歌う。この曲を歌えば、何時だってここから物語を始める気持ちになれる。笑顔を浮かべ、大きく手を振りながら歌い躍るその姿が眩しい。彼女たち自身が光放つ存在として舞台の上で輝いていた。その姿に触れ、同じよう笑顔を浮かべていれたことが嬉しかった。終盤、会場中の人たちがクラップしてゆく風景も素敵だった。


LIVE

PHOTO: 小林晴翔/高橋まりな/平野葵/大西基
TEXT:長澤智典


Re:INCARNATION 
https://twitter.com/ReINCAR77012646


セットリスト
「Re:INCARNATION」
「X-DAY」
「Memories」
「信じてる-Keep on going-」

特集FEATURE

FEATURE
最新記事更新日 2021.12.09
小川麻琴とへなぎのIDOBATA RADIO!!
最新記事更新日 2021.12.09
ガルポ!ズ LIVE レポ