FEATURE

2021.03.15
My Best Friend

「My Best Friend お披露目miniワンマンライブ」ライブレポート

静かな街中にあるライブハウス「西永福JAM」にて、3月7日また新たなアイドルがスポットライトを浴びる My Best Friend が初めてステージに立つ日だ。この日のお披露目ライブは、2部制となっており、第2部でのライブの模様をレポートする。

MBF

開演前の会場は、どこかアットホームな雰囲気があり、喧騒のようなざわめきも和やかに感じる。

SEに煽られて、佐藤美雪、坂谷琳蘭、小倉もなか、桂愛姫奈、星宮ノン、黛実初芽の6人のシルエットがステージに立つ。まずは「egoist」からだ。重低音を響かせ、胸の奥を叩いてくるリズムに合わせクールにキメてくる。彼女たちのキュートなビジュアルとは、ウラハラにカッコよく見せてくるパフォーマンスに度肝を抜かれる。この日が初めてのステージということもあり、固さは残るが、緊張は感じない。しょっぱなからハードなダンスに、このステージのために、どれだけ追い込んで練習してきたのかが、すぐにわかる。その道程がしっかりわかるパフォーマンスを壮大なメロディに乗せて、自分たちの表現でフロアも引き込んでいく。

続くは「ハッピーエンド」。ミディアムバラードへ、ギアを入れ替え、キュートポップに笑顔を振りまくと、やはり可愛いが似合う6人だ。今持っているものを、すべてここで出し切るぞと気持ちを感じながら、声を重ねながら、そしてお互いを気遣いながら歌うステージ。もしかしたら完璧とは言えないのかもしれないが、それはきっとこれから、彼女たちはトップアイドルへの階段を昇る一段一段を、僕たちに見守らせてくれる楽しみを残してくれているようだ。今は、手に汗を握るほど、一所懸命な6人にただただ胸を打たれる。曲は「ショートカット」へ移り、キュートにポップに歌いつないでいく。

リーダーの佐藤美雪は、一所懸命がよく似合う。小さい体をいっぱいに使って歌い踊る姿は、彼女が不器用と自分を評していた理由がわかる。それはきっと手が抜けないからだろう。その姿につい応援したくなる。坂谷琳蘭は、いつでも冷静さを装う。つまりステージ上の彼女はかっこいいのだ。可愛さも併せ持つがパフォーマンスはクールであろうとする。ステージの中心となっているのは彼女なのかもしれない。小倉もなかは、表現へのこだわりを感じる。板の上の彼女は曲に合わせて表情から変えてくる。そしてそこに微塵も遠慮がないのが気持ちいい。桂愛姫奈は、まさに天性のアイドルだろう。そのキュートなルックスから解き放つ笑顔と歌声に釘付けになる。常にフロアへのアピールも欠かさない彼女に、大きなステージに立った時の輝きを想像してしまった。星宮ノンには、驚かされた。ステージ上にいた彼女は、普段の印象とは異なるものだったからだ。一見クールに見えるがステージ上では誰よりも楽しそうに体を動かす。本当に踊ることが好きなんだろう、心からのものと感じる笑顔に惹かれてしまう。黛実初芽は、すごく自然体だ。緊張も不安もあるかもしれないがそれを感じさせないのが彼女らしさであり、アイドルらしさなんだろう。小さい体を大きく見せ、ただまっすぐに歌う姿は、可愛く、そしてカッコいい。

壮大な楽曲たちが続く「We create the world」へ。My Best Friendの楽曲たちは、「ゆるさ+オルタナティブ=ゆるタナティブ」をコンセプトとして、奏でるサウンドは、6人の個性もビジュアルも、このアイドルまでに辿りつく経緯も全く違う、それを見事に際立たせ、そして調和させる。だから常にエモさを感じるのだろう。

 

自己紹介MCを挟み、衣装チェンジをする。前半は、赤を基調としたチェック柄のものから、ここからの後半は、MVで使用されていた赤をベースにし、メンバーカラーの入った衣装だ。どちらも、メンバーごとにデザインが異なっており、衣装からも個性が発揮される。

 

MBF

 

後半は、坂谷琳蘭から「私自身の配信の体験をもとに描いた曲」と紹介され「LOVE」へ。スローテンポの楽曲に、深い残響を残しながら歌を奏でると彼女たちの込めた想いが胸の奥まで刺さってくるようだ『好きなものを好きなんだと大声で叫び合える世界にしよう』と優しく包みこむように歌う。続いて「My Best Heroine」へ。細かいリズムを刻みながら、桂愛姫奈が「タオルの準備はできてますかー!?」と煽ると、フロアからはタオルとペンライトを高く掲げると会場は一体になる。ステージを左右に動き周りながら、ここにいる全員を巻き込んでいく。ひと汗かいた6人は、すっかりステージに体がほぐれたのか、自由さを手に入れ、さらにライブを楽しむと、クライマックスに向かうように「killer tune」へ。さらにさらにテンションを上げるように、表情がさらに輝きだす。この日最後の曲は「My Best Friend」だ。1stシングルの表題曲であるこの曲。少し安堵を感じるように、安定するように歌いだす。それは、この曲に込められたメッセージを届けるように、彼女たちは時に自由に、時に形を崩さずに歌う、まだこれから私たちを見つけてくれる多くの"My Best Friend"たちへ向けて時空を超えて未来に響かせるように『私は絶対この鼓動を止めない 今はまだ暗い闇の中にいても虹色に変える』と声を重ねた。

そして、大きな拍手に包まれて、彼女たちはステージを後にした。

 

<セットリスト>

01.egoist
02.ハッピーエンド
03.ショートカット
04.We create the world
05.LOVE
06.My Best Heroine
07.killer tune
08.My Best Friend

 

取材・文:もりたはぢめ

 

<インフォメーション>

<クラウドファンディング情報>

◆目指せ初ワンマン!開催応援プロジェクト!!
https://www.muevo.jp/campaigns/2769

◆活動報告
https://www.muevo.jp/studios/128159/reports

 

<リリース情報>

4月14日発売
2ndシングル『We create the world』

2ndシングル

ZME-002 / 1,100(税込)
[収録曲]
1. We create the world
2. ハッピーエンド
3. endroll

※タワーレコード購入特典 生写真全10種からランダムで1枚

3月3日発売
1stシングル『My Best Friend』

1stシングル

ZME-001 / 1,100(税込)
[収録曲]
1. My Best Friend
2. LOVE
3. overture

※タワーレコード購入特典 生写真全10種からランダムで1枚


<ライブ / イベント情報>

◆3/14(日) @名古屋栄CIRCUS
MID FM761「IDOL♡CIRCUS」presents【IDOL♡CIRCUS vol.8】

◆ 3/20(土) @白金高輪SELENE b2
【DDD~Discovery iDol Depot~】

◆3/20(土) @新高円寺 LOFT X
【LOFT X MYSTERY TOURZ】

◆3/21(日) @渋谷club Malcolm
【お笑い&アイドルライブ精神と時の部屋】

◆3/28(日) @タワーレコード横浜VIVRE店
【ミニライブ & 特典会】

◆4/25(日) @新宿club SCIENCE
【桂愛姫奈Birthday Live】


<楽曲配信情報>

My Best Friend 
1stシングル『My Best Friend』

◆TuneCore 
https://linkco.re/A60M9NgH

 

My Best Friend

公式サイト:
http://www.mybes.net/

公式Twitter:
https://twitter.com/mbf_idle

公式YouTube channel:
https://www.youtube.com/channel/UCibgxqGttyD45LL61H-XM5g

 

佐藤美雪(さとうみゆき):
https://twitter.com/miyuking3773

坂谷琳蘭(さかたにかりん):
https://twitter.com/bansoukou_mbf

小倉もなか(おぐらもなか):
https://twitter.com/Monacapop

桂愛姫奈(かあいひな):
https://twitter.com/manahina_1118

星宮ノン(ほしみやのん):
https://twitter.com/uxmnn_

黛実初芽(まゆずみはつめ):
https://twitter.com/go_to_mayuzumi

特集FEATURE

FEATURE
最新記事更新日 2021.10.18
ガルポ!ズ INTERVIEW
最新記事更新日 2021.10.16
小川麻琴とへなぎのIDOBATA RADIO!!