FEATURE

2022.06.02
青野まゆ

青野まゆ「(欅坂46を)好きになろうとは思わなかったけど、逆に遠ざけたりもしなくなりました」

アイドルレコメンダー・鎌形剛が、内面やキャラクターが魅力的でもっと世の中に広まって欲しいと思っているライブアイドルにインタビューをする新連載。第1回目は、私がこの業界に入るきっかけになったアイドルグループ「欅坂46」の元1期生で、現在「YURiMental」(ユリメンタル)のメンバーとして活動している青野(あおの)まゆさんにインタビューをしてきました。
彼女が活動辞退から5年後経ったあとにライブアイドルとして再スタートを切ったとき、私は衝撃を受けました。しかも彼女は「元坂道」であるにも関わらず、ABEMAのアイドル番組『矢口真里の火曜The NIGHT』や「note」のなかで、欅坂46のメンバーだったことや、そのときの思い出を自ら発信していたのです。
彼女はなぜそれでもアイドル活動を続けているのか。ほぼノーカットでお届けします。


■運営と1番よくバトる

 

――もともと青野さんのnoteをよく見ていたんですけど、YURiMental加入当時に「『元地上だもん』と調子に乗っていた」と書いていたのが個人的に面白かったです(笑)。

青野まゆ ほかのメンバーと顔合わせをしたときに、みんな今日新しく入る子に会うって知らなかったみたいでレッスンを3時間くらい受けたあとに会ったので、結構ボロボロの恰好をしてたんですよ。私だけばっちりメイク決めて、ほかのメンバーはすっぴん汗だくみたいな状態だったから、「あ、正直顔は私が1番かな」って思っちゃって。自分のなかで「元地上」っていうのが自信っていうか武器になると思ってたので、最初の頃は何もしなくてもファンの人が来てくれるだろうなとは思ってましたね。

――実際にデビューしてみてどうでしたか?

青野まゆ それこそデビューライブのときは「あの原田まゆちゃんが初めてアイドルやるんだ」みたいに興味本位で見てくれる人もいて、ペンライトも青がダントツで多かったので「やっぱりな」ぐらいの気持ちで思っていたんですけど。特典会の列も私だけ外まであったって聞いたから「じゃあこのままライブ続けていったら右肩上がりでファンの人も増えてくだろうな」って思ってたんですけど、興味本位の人って1回見たら満足してくれるみたいで……。そこからは残った数名の濃いファンの方と、”青野まゆ”として初めて知ってくれた新規のファンがちらほら増えていく感じでした。ほかのメンバーはもともとアイドルをやっていて濃いファンが多かったので、最初の数ヵ月はたぶん1番(ファンが)少なかったんじゃないかなと思います。

――青野さん以外は全員アイドル経験者だったんですか。

青野まゆ そうですね。うちのグループが私含めて6人なんですけど、そのうちの4人がもともと同じグループで活動してました。いろんな縁があって、今のプロデューサーの元にその4人が集まって、そこに私と(アイドル経験者の)百瀬ゆらが入ったので。だから私以外の5人はずーっと別のところで活動してて、まっさらな新人は私だけでした(笑)。

――欅坂46を抜けてからYURiMentalに加入するまで5年もかかりましたけど、このグループには友達に誘われて入ったそうですね。

青野まゆ そうですね。欅坂よりも前、中学生のときにいわゆる地下アイドルみたいなことを数ヵ月だけしてたことがあったんですけど、そのときに一緒にレッスン受けてた子とずっと連絡を取り合ってて。で、22歳のときにその子が「まゆちゃんも一緒にアイドルやらない?」って誘ってくれて、2人まとめて引き取ってくれたのがここ(YURiMental)だったんですけど、その子もいろいろあったらしく、ここでは活動できなくなっちゃって(笑)。

――それで青野さんだけ入ることになったんですね(笑)。加入してからはライブ漬けの毎日みたいですけど、運営サイドとはよく意見をぶつけ合ったりするそうですね(笑)。noteには「運営さんと衣装や小物のことで1番よくバトる」と書いていました。

青野まゆ 私、結構お洋服とかに対するこだわりが強くて、衣装の靴を最初は厚底にしてもらってたんですよ。で、なんかのタイミングで靴を変えるってなった時に、すごいぺたんこのスニーカーにされたんですけど、私はどうしてもそれでライブに出たくなくて。

――なぜスニーカーだと嫌なんですか?

青野まゆ 自分、身長高いんですけど、実物よりももっとスタイルよく見られたくて。だから絶対に厚底とかヒールで表出たいんですけど、ほかのメンバーはそんなにこだわりないみたいな感じだったので、私は自腹で靴買って、ひとりだけ頑なにそれ履いてやってました(笑)。

――自腹ですか! ひとりだけ違う靴でステージに立つことは許してもらえたんですか?

青野まゆ 最初の数ヶ月間は隠れて履いてたんです。でもバレて「なんでそれ履いてるの?」って言われたから、「やっぱ嫌なんで自分で買って履きました」って言ったら、「じゃあどうぞ」って諦められちゃったみたいで。
そしたらほかのメンバーも「まゆがいいなら私も!」みたいな感じで靴を自分で買って履き始めたので、私は「だったら最初からみんなで言ったらよかったじゃん!」ってずっと思ってるんですよ。たぶんみんなバトるのがイヤだったからだと思うんですけど、結局みんな7000円くらいの靴を自腹で買ってました。最初からみんなで言ってればなって今も思ってるんですけどね(笑)。

 
■「人生変わるな」って思いました

 

――『矢口真里の火曜The NIGHT』(ABEMA)に出演したときに欅坂46の元メンバーであることを自分から言ってましたよね。なぜ自分から言ったんですか?


青野まゆ う~ん……。なんか正直、YURiMentalに入るまではあまり自分からは言いたくなかったんですよ。ちゃんと活動してたわけでもないし、ホントにただ受かって、いろいろあって辞めちゃっただけだったのでそのグループの一員だったっていう自覚もそんなないですし。
だけどYURiMentalに入ってからは、それが私の長所でもあるなと思って。今でこそいろんな方(元坂道メンバー)がいますけど、私がデビューしたときはまだあんまりいなかったので、それを言うことでYURiMentalの名前がちょっとでも広まるんだったら別に言ってもいいなって思えるようになりました。

――じゃあプロデューサーの指示とかではなかったんですね。

青野まゆ 全然。「別に言いたくなかったら言わなくてもいいし、言いたかったら言ってもいいからね~」みたいな感じでした(笑)。結構アイドルにとって大きい番組じゃないですか? せっかくそこにグループ代表で選ばれたので、どうせなら言おうかなと思って。

――今年の1月にはnoteにも「アイドルを目指したわけ」というタイトルで鳥居坂(欅坂)46オーディションの思い出を書いていましたけど、それも自主的に始めたんですか?

青野まゆ そうですね。結構特典会でファンの人が「この話って触れていいのかな? 触れちゃダメなのかな?」みたいな感じで来るんですけど、別に全然いいんだよって思っているし、だったら何回も聞かれて何回も答えるよりは、みんなが見られるようなところで詳しく書いたほうがいいのかなと思って……ハイ、書きました。

――なんですけど、オーディションの最終審査くらいで更新が止まってますよね(笑)。

青野まゆ アハハ! なんか、そのあたりのことを書くのが怖いじゃないですけど、自分にとってすごい大事な話だったので上手くまとまらなくて。ちょっと時間置こうかな、もったいぶろうかなって思ってたら時間が経っちゃいました(笑)。

――ブログあるあるですね(笑)。なんでも初めて受けた坂道のオーディションは乃木坂46の2期生のときで、1期生のときは友達に誘われたけど断ったそうですね。

青野まゆ 当時はネット応募がなくって、写真を現像して、履歴書を書いて送るっていうのが中学ぐらいだったのでもう難しくて(笑)。カメラも持ってないし、協力者もいなかったので、なんか応募はしませんでした。

――次の2期生オーディションでは自ら応募したそうですが?

青野まゆ ハイ。1期のオーディションを受けなかったことにすごい心残りがあって。もう『乃木どこ』(『乃木坂って、どこ?』)を最初からずーっと観てたんですよ。で、デビューシングルとかもずっと観てて「すごい素敵なグループだな」って思ったし……、そう! 個人PVってあるじゃないですか!? あれがAKBとかにはなかったし、私そういうのがめっちゃ好きだったので、なんかすごい良いグループだなと思って応募しましたね。

――そのときはどこまで行ったんですか?

青野まゆ 2次審査の面接まで行って、そこで落ちちゃいました。「足の関節が人より多いです」みたいなことを言ったら「あ~」みたいに言われて……(笑)。

――それが落ちた原因かどうかはわからないですけどね(笑)。

青野まゆ でも手応えはまったく感じなかったです(笑)。

――その次に受けたのが鳥居坂(欅坂)46のオーディションですけど、すぐに受けようと思いましたか?

青野まゆ そうですね。高校生になってもアイドルになりたいっていう気持ちはどこかにあったんですけど、ライブアイドルになるっていう選択肢は特になくて。周りにもちらほら(ライブアイドルが)いたんですけど、でもなんか、やるならもっと大きいとこでちゃんとやりたいなって思ってました。乃木坂がすごい好きだったし、そこ以外だったらならなくていいやって思ってたのかわからないですけど、ほかのオーディションとかはまったく見てなかったです。

――そんなときに「坂道シリーズ第2弾」のオーディションを知ったわけですね。

青野まゆ すぐ応募しました。で、そうそう! そのときからネット応募もできるようになって、写真もケータイで送れるようになったので、今まで全部親に内緒で受けてたので、こっそりできたのでよかったです(笑)。

――でもいずれ親にバレますよね?

青野まゆ 3次審査の当日にバイトが入ってて、どうしようって悩んでいたらお母さんが「代わりに電話してあげる」って言ってくれたので、そのときに打ち明けました。でも、お母さんにしか言ってなかったんですよ。私のお父さんって結構ヤンチャというか、少年の心を持っててすごいからかってくるんですよ。だから落ちたら絶対バカにされるなと思ったので言わなかったです(笑)。

――じゃあお父さんには受かったタイミングで伝えたんですか。

青野まゆ 最終オーディションに受かって、記者会見が終わったあとみんな楽屋に戻ったんですけど、そこで両親とかに電話する時間があったんですよ。そこで初めてお父さんに言ったんですけど……笑ってました(笑)。「アイドルまだ目指してたの?」みたいに言われて(笑)。

――最終審査に受かったときはどんな気持ちでしたか?

青野まゆ 「世界変わる」って思いました。たしか年齢が若い合格者から順番に呼ばれていって、私当時17歳で真ん中くらいだったからもうずっと目をつぶって番号聞いてたんですけど……。呼ばれた瞬間「あ、人生変わるな」って思いましたね。


■別物として見れるようになった

 

――欅坂46に加入してから活動辞退するまで3ヵ月間くらいありましたけど、その頃の思い出ってありますか?

青野まゆ 高校に通っていたので、だいたい夕方の6時から10時くらいまでとか、毎日放課後にレッスンがあったんですね。で、(当時)レッスンしてたのが新宿とかだったので、学校終わって、荷物置いて、着替えて、電車乗って新宿行って、帰って、復習してっていうのは結構しんどかったです。

――そのとき仲がよかったメンバーはいますか?

青野まゆ (渡邉)理佐ちゃんは同い年だったので、レッスンのときとか結構ずっと一緒にいました。あとは(守屋)茜ちゃんが1回バイト先に会いに来てくれたりもして。今は連絡取れていないんですけど、気にかけてくれたりしてました。

――そういったメンバーと仲良くなりかけているときにスキャンダルが起こってしまったんですね。青野さん自身はどうやって知ったんですか?

青野まゆ レッスン終わったら友達から「まゆ、大丈夫なの?」みたいなLINEがめっちゃ来てて、それで知りました。「あ、大丈夫じゃないな」と思って。

――発表では「活動辞退」という書き方をしていたんですけど、これは自主的に決めたことだったんですか?

青野まゆ んー……。いろいろ経験した今の自分だったら「いいえ、やります」って言えたのかもしれないですけど、当時はもう、今までの人生で経験したことないくらいの嫌な言葉がとめどなく自分にきてて……。私、Twitter見てたら情報量が多すぎて酔っちゃったんですね。ちょっとスワイプしたらバーって出てくるから、体調悪くなるし、もうおかしくなってて……。で、もう、なんだろう……「あ、じゃあ、そう言うならそうします」ぐらいの感じで決まっちゃいました。

――辞めた直後は、お母さんに「お人形さんみたいに動かなくなっちゃった」と言われるくらいの状態になってしまったそうですが……。

青野まゆ もう母になんか言われても「うん…うん…」みたいな感じだったので、もう何も喋らなくなっちゃったと思ったみたいで。私そのとき、もし「戻っておいで」って言われても戻れないように自分から道を断とうと思って、前髪をめっちゃ切ったんですよ。
学校にも広まっている状態だったので、なんかもう恥ずかしいし、毎日朝起きて学校に通うのはもう無理だなと思って。で、親が心配して通信制の高校に通わせてくれたんですけど、年に3日しか登校日がなくてそれ以外は家でパソコンで授業受けていたので、ずっと家の中に前髪ざんぎりみたいな状態でいましたね。

――それからは通信制の高校で授業を受けつつ、居酒屋でアルバイトをやっていたらしいですね。

青野まゆ 近所に幼い頃から家族で行ってた個人経営のアットホームな居酒屋さんがあって、私の事情とかも全部知っていたので、そこでずっと働かせてもらってました。

――YURiMentalに入るまでの5年間って相当長かったと思うんですけど、ほかにはどんなことをやっていたんですか?

青野まゆ 1年間医療事務の専門学校に通って、それから病院にちょっと務めたりしてました。でもそれも辞めちゃって、そこからずーっとタピオカ屋さんで働いてましたね。バイトもいろいろやってて、ほかの居酒屋さんもやったし、カラオケの店員もやったし、めちゃくちゃやってました。

――その間、欅坂46は人気になっていったので、欅坂に関する情報が勝手に入ってくることもあったんじゃないかと思うんです。そういったものとはどう向き合っていましたか?

青野まゆ なんか最初、それこそCDデビューするまでの番組とかはもう本当に見れなくて。「もしかしたら私だってここにいたかもしれないのに」と思ってたんですけど、結構あの曲(サイレントマジョリティー)の感じって衝撃的だったじゃないですか? それでCDデビューしてからは別物として見れるようになったというか、「ああ、これはもう地上のアイドルで、私とはなんの関係もない素敵なグループだ」ぐらいの気持ちになって。無理に自分から見たり、好きになろうとは思わなかったですけど、逆に遠ざけたりもしなくなりました。


■唯一無二の存在になりたい

 

――YouTubeのインタビューでは「アイドルをやっているのは自分のためで、まゆの自己満足だ」みたいに言っていたんですけど、あれだけ大変な目に遭ってもアイドルをやりたい気持ちが消えなかったのはスゴイですね。

青野まゆ 結局、中学のときにやったアイドルもそうだし、欅坂のときもそうなんですけど、長く居れたわけじゃないので、ちゃんとしたライブをやったり、ファンの人を1回も作れてなかったんですよ。なので結局ちゃんとアイドル活動できなかったなと思ってたんですけど、人生1回しかないじゃないですか? このまま大人になって「若いときアイドルやってればよかったな」って後悔するのがすごくイヤだったので、もう1度やろうと思いました。

――一生に1度はしっかりとアイドルを経験しておきたかったんですね。そこでたまたまYURiMentalと縁があったわけですけど、加入を即決できたのはなぜだったんですか?

青野まゆ 私が入る前に想像してたライブアイドルグループっていうのが、メンバー間が殺伐としてて「ザ・女子の世界」みたいな感じだったので、もしあまりにもイヤだったら他のところも話聞こうと思ってたんですけど、メンバーと顔合わせをしたときに全然殺伐としてなくて(笑)。むしろ勉強を教えてくれたり気の合う子とかもいたのでここにしようって思いました。あと22歳で入ったんですけど、10代の子がいなかったのが大きかったかもしれないです。私、年下組なので甘やかしてくれたじゃないですけど、いろいろ許してくれたお姉さん方が多かったので(笑)。

――青野さんは、自分ではどちらかというとネガティブな性格だと思っているそうですね。

青野まゆ めちゃくちゃネガティブです。なんか正直、今もこうやって欅坂のことを聞いていただけたりとかするのはすごく嬉しいんですけど、もうアイドルとしての需要は今はそんなにないのかなと思ったり……。アイドル活動は自己満ってずっと言ってるんですけど、やっぱり応援してくれる人がいないと続けられないじゃないですか? そういうのを思うと、あんまり需要ないのかなーとか思って、最近は悩んだりしてます。

――確かに新規のファンをどうやって獲得するかっていうのは難しいですよね。

青野まゆ 私が1年半やってて体感的に思ったのは、やっぱりライブアイドルで人気になるのって、ちっちゃくて、可愛くて、ちょっとどっか抜けてて、「俺が見てあげなきゃ」みたいな子が人気出るんですよ、たぶん(笑)。界隈によってだとは思うんですけど、私が今いる界隈は「ザ・アイドル」みたいな子が人気出るので。
私はファンの人から「トガってるね」ってすごい言われるんですよ。トガってるつもりは全然ないんですけど、やっぱこだわりが強くて、見た目も強そうみたいなのはちょっとどうも……。
背高いのも「怖い」って言われます。坂道(系)だと良いこととされるじゃないですか? むしろ「高身長ステキ!」みたいに言われると思うんですけど……ダメです(笑)。

――ライブアイドルでも背が高くて人気の方はいますが、今いる界隈やグループに合っているかというのは確かにあります。

青野まゆ でも、あんまり被ってないのはすごく良いことだとも思ってます。周りと同じことをしててもあまり良くないし、やっぱアイドルって特別な存在でいなきゃダメだと思うので、「ここに合わなくて人気出なくてもいいや」と思っちゃうんですよ。「見つけてくれる人はどっかにいるだろう」みたいな。そういうところでたぶん「トガってる」って言われちゃうんですけど。だからもっと、YURiMentalの周りにいないような人に知ってもらえる機会があればいいなって思います。

――青野さんを知らない人もまだまだいると思うので、まずは多くの人の目に触れる機会があるといいですね。何か目標はありますか?青野まゆ なんか、ライブアイドルって1人抜けたら1人入れてみたいなのが多いじゃないですか? 赤(担当)の子が抜けたら赤の子を入れるみたいな。私はそういう存在になりたくないと思ってて、もし今後辞めたときに「やっぱまゆちゃんの代わりは誰もいなかったよね」って言われるような存在になれるように、唯一無二の存在になれたらいいなって思ってます。そのために何をしたらいいかは、今はまだ模索中です。


INTERVIEW & TEXT:鎌形剛
 

<インフォメーション>


青野まゆ

<青野まゆ>

元欅坂46第一期生。欅坂活動辞退から5年の時を経て、YURiMentalのメンバーとしてアイドル再デビュー。
こだわりを具現化する分野では突出しており、自身による記念写真集の発売も行なっている。

<YURiMental(ユリメンタル)>
YURiMentalは2020年11月11日TSUTAYA O-WESTにてデビューのアイドルグループ。グループ名YURiMental(ユリメンタル)は韓国語で"ガラスのハート"を意味する、綺麗で繊細なアイドルグループ。

-水無月 梓  (https://twitter.com/YURi_MinaAzuki)
-百野 はなび  (https://twitter.com/YURi_momohanabi)
-楠 心陽  (https://twitter.com/YURi_koharu)
-木ノ下 莉子  (https://twitter.com/YURi_rikopin)
-百瀬 ゆら  (https://twitter.com/YURi_Yuracha)
-青野 まゆ  (https://twitter.com/YURi_Mayuchi)

☆2020年11月11日、TSUTAYA O-WESTにてデビュー1stワンマン SOLDOUT☆
☆2021年2月11日、duo MUSICEXCHANGEにて2ndワンマン開催☆
☆2021年5月18日、1stE.P『Love♡Virus』発売、オリコンチャートTOP3☆
☆2021年8月15日、WITH HARAJUKUHALLにて3rdワンマン開催☆
☆2021年11月11日、TSUTAYA O-WESTにて1周年記念LIVE開催(東京公演)☆
☆2021年11月21日、名古屋ReNY limitedにて1周年記念LIVE開催(名古屋公演)☆
☆2022年1月~3月、東名福ツアー2022開催☆


<株式会社バンプスター>
青野まゆを筆頭にYURiMentalを擁する芸能プロダクション。
同社の別ユニットChou2Precedeはデビュー1年半で@JAM EXPO2020メインステージ出演をはじめとする大型イベントにも多数出演。
 

鎌形剛
<鎌形剛(かまがたつよし)>
1984年生まれのアイドルレコメンダー。2018年からライブアイドル・グラビアアイドルにインタビューをする仕事をはじめ、「EX大衆」(双葉社)「月刊エンタメ」(徳間書店)「MARQUEE」(マーキー・インコーポレイティド)などの雑誌・ウェブサイトに記事を提供。2022年3月に株式会社アストライアとマネジメント契約。

・Twitter
https://twitter.com/hitoigai
 

特集FEATURE

FEATURE
最新記事更新日 2022.06.25
ガルポ!ズ LIVE レポ
最新記事更新日 2022.06.24
ガルポ!ズ INTERVIEW