FEATURE

2022.04.21
エラバレシ/Pretty Ash

エラバレシとPretty Ashのツーマンライブが開催!コンセプトのまったく違うユニット同士の異色のコラボが、衣装を入れ替えて今日だけの特別なパフォーマンスで魅せる! 

2022年4月10日、エラバレシとPretty Ashのツーマンライブが西川口LiveHouseHeartsにておこなわれた。当日メンバーたちは、エラバレシとPretty Ashのユニット衣装を交換して、ライブに挑んだ。中には、オリジナル衣装をまた着ることができたとよろこぶメンバーもいて、会場が懐かしさにひたる場面もあった。
今回は、全く異なるコンセプトのユニット同士の熱いライブパフォーマンスのようすをレポートしたい。


スタートを切ったのはPretty Ash。エラバレシの衣装を借りて、怪盗♡ブラックキャッツの衣装で登場した。一曲目に選ばれたのはポジティブで爽快な楽曲「Believers」。夢を信じる純真な心を描いたPretty Ashの人気曲だ。最初から声を張り上げ歌い上げるPretty Ash。彼女たちの力強い声に自然と心が震え、やる気がみなぎってくるようなそんな感覚になる。

2曲目は「STEADY」。メンバーたちは会場のファンを真っ直ぐに見つめ力強く訴えかけるように「確かな明日に向かって」と歌う。声を枯らしながら歌い、拳を高く突き上げる彼女たちの視線からはもっと上を目指してやる、という野心が伝わってきた。

2曲を全力投球で歌い終えたPretty Ash。ここで一旦MCを挟んだ。息切れしているのも気にせずに自己紹介を終えるとすぐに3曲目へと突入。

3曲目は、イントロロングバージョンの「アイデンティティ」。ファンのクラップを味方に会場のボルテージを上げていく。胸を刺すような切実さを孕んだ歌詞を、張り詰めた声で歌う彼女たち。高く突き上げる拳が少し震えているようにさえ見えた。曲が描き出す情景をダンスに表す彼女たちの表現力こそ、私たちが彼女たちに引き込まれる理由の一つに違いない。

「恋は毒だ」が登場すると雰囲気ががらりと変わった。エネルギッシュなサウンドながら、恋に悩む女の子の素直な気持ちが隠れている。サウンドと歌詞のギャップが乙女の裏腹な心を描いているように思える。今までのPretty Ashが築き上げてきたスタイリッシュさに女の子の可愛さ、小悪魔さを加えた同曲。この曲の登場が、彼女たちの新たな魅力をまた一つ引き出したに違いない。

5曲目に登場したのは「限界突破でWe Go!」。激しいダンスを全力投球で踊りきるメンバーたち。パワフルなパフォーマンスに会場のファンもペンライトを力強く振り掲げ彼女たちの声に応えている。メンバーも一緒にクラップをする場面ではすでに会場のボルテージは最高潮に達し、一体となっていた。大きくジャンプをして楽しむファンの姿を見て、メンバーも自然と笑みが溢れていた。

Pretty Ashのパフォーマンスの後は、Pretty Ashとエラバレシのコラボが実現。1組目のメンバーは、RURIKA、INORI、MIO、朝倉ゆり、もえのあずき、本木瞳、西愛花。お互いの衣装を交換したメンバーたち。エラバレシもPretty Ashの衣装を借りて登場した。
コラボ一曲目はヘヴィメタルのサウンドを取り入れた「もっと、ねぇもっと」。イントロから激しいヘドバンを披露したメンバー。激しいサウンドに負けないパワフルな歌声で感情を吐き出すように歌ってみせた。

2曲目のコラボはメンバーを交代してのパフォーマンス。その準備に取り掛かっている間、エラバレシとPretty Ashの両チームのリーダーがMCで繋いだ。
MCでは、Pretty Ashのリーダーを務める浅田が、朝倉にリーダーとして気をつけていることは何かと質問。朝倉は「気をつけてること?特になくもないんですけど(笑)あんまり自分がリーダーという気持ちはなくて、TPOを考えて、言う時は言う、っていうのを心がけてます」と答えた。浅田が「怒ったりもするんですか?」と聞くと「常習的だったら結構キツく…(笑)」と明かす。
朝倉は浅田のリーダーシップについて「るーりーはすごいリーダーしてる!ライブ5分前だよ!って私はあんなに言ってないので。だからすごいな、見習いたいなと思ってます」と語った。

準備が整い、HARUKA、AKANE、SARA、神崎しほ、真田美璃、小熊めうが登場。今度は衣装の話で盛り上がった。
真田が、SARAから借りた衣装は元々真田が着ていたものだったと話す。真田は初めてのオリジナル衣装で嬉しかった気持ちを語り、ベルトに自分の名前を書き込んでいることを明かした。

2組目のコラボ曲は「Say Hello」。自信あふれる爽やかなナンバーだ。透明感あふれる彼女たちの歌声によって紡がれる「Say Hello」は自然と聞く人の心を癒し、前向きにさせてくれる力がある。こうして心を強くさせてくれる彼女たちに何かを返したい、そう思う気持ちが彼女たちを応援するという行動に結びついているのかもしれない。

ここからはライブ後半戦。Pretty Ashの衣装に身を包んだエラバレシのメンバーが登場。エラバレシの一曲目は「キミをつくる全ての要素」。パンクファッションで歌う「キミをつくる全ての要素」はいつもの切なさだけではなく、愛する人への情熱がより強く表現されているように感じた。同じ楽曲でも歌うたびに違う魅力を引き出せるのは彼女たちの表現力のたまものなのだろう。

2曲目に登場したのは「アイノフシギ」。特撮チックなメロディがキャッチーで一度聞いたら忘れられない楽曲だ。コミカルな振り付けも印象的だ。会場ではサイリウムを大きく振り上げたり、ジャンプしたりして彼女たちのパフォーマンスに負けず劣らずの勢いで盛り上がるファンの姿を見ることができた。

MCに入ると、メンバーたちはチケットが完売したことに感謝の気持ちを述べた。今回は配信ライブもあったため、チケットが買えなかったファンに向けてもえのあずきが「画面の向こうのみんなもありがと〜!実況とかしててくれたら嬉しいな」と声をかけた。

いよいよツーマンライブもラストスパートに突入する。次に歌うのは「リバース」。次元さえ超える強い思いで一途に大切な人への愛情を描いた楽曲だ。彼女たちの優しく透明感のある声が「リバース」に込められた世界観をより精緻に描き出した。

「future to shine」は大切な人と支え合うことのよろこびと、幸せな時間を失うことの怖さを素直に表現している。「いつの日か 終わりがきたとしても 君と出会えて 僕はここにいるのさ」と歌う小熊めうが朝倉ゆりに抱きつく場面もあった。「future to shine」は今まで、彼女たちがファンに向けて歌う歌だっただろう。けれど今日はメンバーが朝倉に歌う歌になっていたのかもしれない。

ラストは「チェッカーフラッグ・ラブ」で会場を今日一番に盛り上げた。別れへの寂しさを残さないように、今日も彼女たちはファンに笑顔を届けようと一生懸命に歌ってくれていた。彼女たちの歌を聞いて笑顔になる度、彼女たちに支えられていることを実感する。きっとこれからも彼女たちは笑顔で歌い続けてくれるだろう。けれどそれを当たり前と思わずにこれからもこの瞬間を大切に思って楽しんでいきたい。

最後まで笑顔をたやさずに、全力のパフォーマンスを見せてくれたエラバレシとPretty Ashのメンバーたち。全く異なるコンセプトで活動を続けるユニット同士だが、彼女たちの息のあったダンスや歌から、バクステ外神田一丁目というフィールドで一緒に切磋琢磨しあってきたことが伝わってきた。
今後もまた、こうして違うフィールドで活躍するユニット同士のコラボレーションを見てみたいと、次への期待が高まった。


TEXT:高橋未瑠来


LIVE


<セットリスト>

「Believers」
「STEADY」
「アイデンティティ」(イントロロング)
「恋は毒だ」
「限界突破でWe Go!」(Endingロング)
「もっと、ねぇもっと」
「Say Hello」
「キミをつくる全ての要素」
「アイノフシギ」
「リバース」
「future to shine」
「チェッカーフラッグ・ラブ」


<エラバレシ プロフィール>
世界最大級のアイドル育成型エンターテインメントカフェ “AKIHABARAバックステージpass”から選出された選抜ユニット。
2016年6月「アイノフシギ」(作詞:つんく/作曲:志倉千代丸)でデビュー。
2ndシングル「ミス・ラビット」でTVアニメ「タイムトラベル少女〜マリ・ワカと8人の科学者たち」ED、
2017年TVアニメ「はじめてのギャル」ED「ギャル的LOVE」、
2018年TVアニメ「立花館To Lieあんぐる」主題歌「もっと、ねえもっと」を担当。
総合プロデューサーは志倉千代丸。
メンバーは大食いタレントとして活躍中のもえのあずき、朝倉ゆり、神崎しほ、小熊めう、真田美璃、西愛花、本木瞳の7名で活動中。

【エラバレシ公式 HP】 http://stand-up-project.jp/erabareshi/
【公式ツイッター】 https://twitter.com/_erabareshi_ 
【公式 LINE】 https://line.me/R/ti/p/%40erabareshi

▶TVアニメ『賢者の弟子を名乗る賢者』ED エラバレシ8thシングル「Ambitious」MV
https://youtu.be/5CLVx7W7gJ8


<Pretty Ash プロフィール>
東京・秋葉原にある世界最大級のアイドル育成型エンターテインメントカフェ「AKIHABARAバックステージpass」から選抜投票で選ばれたユニット。
2019年7月21日バクステ7周年ライブにてライブデビュー。PUNK & ROCKをコンセプトに、楽曲派としてライブ活動を開始。
2020年4月7日1stシングル「アイデンティティ」発売                                                               2021年1月30日バクステ9周年ライブにて新メンバー3名を加えた新体制での活動スタート                                                                                                                  メンバー:RURIKA、AKANE、MIO、HARUKA、SARA、INORI、IROHA(活動休止中)

【公式 HP】https://pretty-ash.rocks
【公式ツイッター】 https://twitter.com/_pretty_ash_
【公式 LINEブログ】https://lineblog.me/pretty_ash/

▼2ndシングル「Believers」MV 
https://youtu.be/cbm-gxEUjnA
 

特集FEATURE

FEATURE
最新記事更新日 2022.06.25
ガルポ!ズ LIVE レポ
最新記事更新日 2022.06.24
ガルポ!ズ INTERVIEW